サイゼリヤ
してきました。昨日、大学をサボっていきました。昼から酒を飲むなんて最高の快楽。
何を隠そうサイゼリヤでバイトしてるので圧倒的ホーム。事前の情報量が違いますよ情報量が。
バイト先の店舗は恥ずかしいので隣駅周辺の店舗に二人で突撃。
思う存分楽しめました。


……と〆られたら良かったのに。
結果は惨敗に終わりました。
サイゼリヤでの飲みについては肯定的な意見が多く散見されたので、逆に否定的な観点から書いてきます。

もくじ
[敗因]
・辛味チキンがそこまで美味しくない
・ムール貝のガーリック焼きは家で作れる
[利点]
・ワインが異様に安い
・メニューが豊富すぎる
[おまけ]
・注文への対応が柔軟


注文内容は
ランブルスコ・ロゼ 1本
辛味チキン・ポップコーンシュリンプ・ムール貝のガーリック焼き
ランチメニュー(鶏肉のオーブン焼き(バルサミコ甘酢ソース)、ハンバーグ(クリームソース掛け))
ドリンクバー

ランブルスコ、ランチメニューとドリンクバーは成功。
ちょっとした豆知識で、ランチメニューのハンバーグと通常メニューのハンバーグは種類が違います。ランチの方は合い挽きで通常の方は牛100%.
ドリンクバーではサイゼリヤに(客として)入るのはなかなかないので、大好きなカプチーノをガブガブしてました。6杯くらい。カフェインとアルコールのせめぎあいで半覚醒状態。
バイトでドリンクは(バレないように)飲めるけどさすがにコーヒーメイカー系列は無理だからねー。

振り返りの敗因と致しましては2点。
「辛味チキンがそこまで美味しくない」
辛味チキン
(画像は拾い物です)

全国津々浦々に存在する辛味チキンフリークにこんがり揚げられそうなタイトルなんですが、実際に食べてそう思ったんだからしょうがないじゃない。
辛味チキンはキッチンでよく出るメニューなので、絶対外さないと思い込んでいたのですが食べてみたところ(そんなに美味しくないかな?)と思ってしまった。

「辛味」と謳うわりにそこまで辛くない、油がすごくベチョベチョ、皮がパリパリしてない。
「百聞百見は一食にしかず」ですね。
後述の唐揚げが普通に美味しかったので、なおのことこちらの辛味チキンの微妙さが際立ってしまいました。

というより、辛味チキンって数ヶ月前と変わってませんか?
バイト中でオーブンに入れる前に(なんか前と見た目変わってないか?)なんて最近気になっていたし、焼きあがって出すときも(前はもっとパリッとしていたような……?)って疑問を感じてたんですけど。
もしかして辛味チキンの味付け方や工場での作り方が変わったのかなー、なんて。ちょっと勘ぐってしまう。

いちおうパリッとさせる裏技として、注文のときに「よく焼きでお願いします」と言えばこんがり焼いてくれます。
面倒だしいいやと見送ってしまったのがミスだったかもしれない。

「ムール貝のガーリック焼きは家で作れる」
ムール貝の
身も蓋もない意見ですが、実際そうなのだから仕方ない。
もっと言えば「ほうれん草のソテー」「アンチョビとキャベツのソテー」も家で作れる系メニューなのでサイゼリヤで食べる必要性は特にない。
味もそこまでおいしくなかった、ムール貝の旨味より貝の臭みが若干強かったよ。
これなら「エスカルゴのオーブン焼き」頼んだほうが良かったなー……って即後悔してしまうくらいには。
何よりも悲しいのが、キッチンでこれ用意するのちょっとめんどい(野菜ソースを注文来るたびに塗る必要あり)のにこの程度の味ってのが悲しい。



ようは調査不足だったって話。
エスカルゴのオーブン焼きや青豆のサラダ、ピザを頼めば良かったと猛省しました。
これで終わると後味が悪いので、良かったところや反省点も幾つかあります。

続きを読む