NoEgoism

コミュ障引きこもり気質(人間のクズ)な大学生がいろんな趣味(ゲーム、マンガ、アニメ、音楽、グルメ)を一人でわいわい楽しんでるブログ

タグ:映画感想

大学サボって「君の名は。」観に行きました

雲には夢がある 「ドラえもん のび太と雲の王国 感想」

平行線のすれ違い 「秒速5センチメートル 感想」

君の名は
「嬉しくて泣くのは、悲しくて笑うのは、僕の心が僕を追い越したんだよ」
はっきり言ってここまでハマるとは思いませんでした。
若干冷めてる人間なので、CMバンバン流れてるしかなり人気だけど言うほどでもないだろと。
さらにはネタバレもガンガン喰らっていたので、そこまで楽しめないかもなって。
でも気にはなっていたのでさらっと大学サボって観に行きました。はいクズの本領発揮。

感想
すっごく良い作品でした!!!
「入れ替わり」をテーマにした上でのすれ違い。
相手のことを知っていても、大切に思っていても手を出せない悔しさ・切なさが鮮やかに表現されていて楽しみまくってました。
登場人物たちの感情の機微に注目して、シナリオ全体を思い返すとまた味わい深く楽しめます。
自分が入れ替わったらどうするかななんて考えてみるとまた面白い。
アニメーションだからこその表現、タイトル画像の彗星が尾を引いて描かれるオーロラが滅法綺麗。
また、作中のメイン舞台である糸守町は岐阜の飛騨市をモデルにしています。
自然豊かな飛騨ということもあって、湖も山も紅葉も雲も全てが美しかったです。これは実写では不可能な映像美。

新海誠監督と言えば「秒速5センチメートル」
前に感想記事も書きました(「平行線のすれ違い 「秒速5センチメートル 感想」」)
その賛否両論なエンドもあって、やや身構えていました。
蓋を開けてみると、心地よい余韻と甘くとろけるようなまどろみ、そして奥ゆかしい甘酸っぱさが優しく包み込んでくれたので満足でした。
RADWIMPSの曲がたびたび劇中曲として流れるのですが、それがまた作品とマッチしててより深く世界観にのめり込むことができるように後押しをしてくれます。
サントラも既に発売されているので、是非買って手元に聞いてヘビーローテーションしたいです。

軽いストーリー
「バイト先の女子大生に片思いしている都会男子高校生」「田舎から逃げ出したい巫女の田舎女子高校生」がふとした折に入れ替わっちゃう物語。
常に入れ替わってるわけでなく、週に2,3度くらいのペースでふとした折にやってくる入れ替わり。
揉め事にならないように、二人はルールを決めて入れ替わりに対処していくもチグハグで怒りを募らせたり。
面白いのは入れ替わることでどちらも抱えていた問題が上手くいくようになっていること。また、念願の都会暮らしということでウキウキしている三葉ちゃん(女子高校生)がとっても可愛い。
そうした折、これまで取ってこなかった連絡を取ってみようとするもなぜか通じず、なら実際に会いに行ってみようと行動に移すと……?
この作品を象徴している「入れ替わり」に思わず息を呑むトリックが隠されてます。


明日大目玉食らうの確定してるけど、それに見合う作品でした(謎のフォロー)
ネタバレ込みの感想はTwitterで呟き尽くしたし(#君の名は感想)、寝る前にさらっと書くくらいの記事では伝えきれないです。

当分はテレビCMで「夢灯籠」や「前前前世」が流れたら思わず振り向いて見ちゃいそうです(笑)
そんな前前前世の解釈について、自分のなかではもやもやとしたままでこれといったものが思いつかなかったのですが、すごく良い解釈を見つけたのでリンクをペタリ
【歌詞解釈】前前前世
思っていたことをしっかり拾ってあった上で余すことなく解釈しきっていたのでとってもスッキリ!!

雲の王国

懐かしいのぶ代ボイスのドラえもん。
他にも、のび太やスネオなど主要メンバーの声もすごく懐かしい。
子どもの頃にずっと聞いていただけあって、多分一生違和感は消えない。

雲って子どもの頃はあの上に立てると思ってませんでしたか? 私は思ってました。
もふもふとしてて気持ちよさそうだなーと、子どもながらにぼーっと学校の授業中や歩きながら眺めて考えるわけで。
『雲が水滴でできてる』なんて、つまらないことを教わってからいつもと違うように見え始める。
かつてそこにあった夢の塊はただの物質に成り下がって、景色としての美しさこそ覚えるものの純粋に「あの上で座雲にくるまれたい」なんて思えなくなってしまった。
そこからちょっとずつ夢が醒め始めて大人になっていくわけだけど。
僕達の精神がそう複雑な社会に則して組み替えられていく一方で、のび太くんはいつまでも子どものまま私達が「そんなわけないだろ」と思ってしまうようなことに真剣に悩んでいくわけです。
下手しなくても頭がいいのはのび太くんの方でしょう。
そんなのび太くんの味方で、いくらキテレツなことだろうが手助けをして実現してくれるドラえもん。
彼がいなければのび太はちょっとだけ頑固でモノ知らずな男の子って評価になってしまう、まがいなりにも主人公なんかにはなれない。
そら社会現象になりますわ、「ドラえもんが来てくれたらいいのに」って。
ドラえもん欲しいかと言われたら欲しいけどもそんなアニメや漫画のキャラが来るなんて現実の救いにしてはお粗末過ぎるだろ……
なんて考えているうちにはまだ甘いのかもしれない、「画面から出てくればいいのに出てこいよおおおおおそれとも僕が迎えに行くからねええ」と必死に願うオタクの方がいろいろと強そう。
ただしそんなフルスロットルに人間やめてるやつを参考にはしたくない。

続きを読む

5cm-s
秒速5センチメートルなんだって、桜の花の落ちるスピード
どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか。

名前だけは知っていたものの見たことがなかったシリーズ。この前のKanonやイヴの時間と同じく名作と名高いやつ。

TSUTAYAで甘々と稲妻の二巻買ったらレンタル二本無料のクーポンがついてきたのでわくわくしながら借りてきました。
300円までの駄菓子を選んで買う感覚で、何にしよっかなーと歩きまわって。
本当はドラえもんズの映画を見たかったんだけど見つからなかったから、この作品を見つけてこの機会だから見てみようと。

すっごく甘酸っぱく、悲しい恋愛アニメ映画。
でも、どうしてかもう一回見たくなる。そんな魅力がある映画でした。
続きを読む

↑このページのトップヘ