NoEgoism

コミュ障引きこもり気質(人間のクズ)な大学生がいろんな趣味(ゲーム、マンガ、アニメ、音楽、グルメ)を一人でわいわい楽しんでるブログ

タグ:ブログ系

アダルトカテゴリから一般カテゴリへの復帰成功

アダルトカテゴリ強制変更続行

アダルトカテゴリへの強制変更

ライブドアブログで記事下広告を削除するには

スマホ版での強制広告表示

復活
だいたい1ヶ月半くらいアダルトカテゴリに島流しを喰らいましたがわたしは元気でございまする。
問い合わせしまくってました。

「アダルトカテゴリから一般カテゴリに戻れた」という記事が見当たらなかったので、似たケースで悩んでいるかもしれない他の方へ自分の場合の流れをさらっとこんな感じ。

初回問い合わせ:どこが引っかかってるのか教えて。
↓(次の日)
返答:あなたのブログ内容がポルノ基準に引っかかってます。具体的なのは教えないよ。

二回目問い合わせ:治しました。具体的といっても投稿内容か、広告か、リンクのどれかくらいは教えて。こっちは広告貼ってないし、スマホの方ならそっちの落ち度じゃない?
↓(待てども返信が来ない)
同内容をタイトル・文面を変えて連日問い合わせに投げる。
↓(でも来ない)
livedoorブログのTwitterアカウント(なっちゃん)に突撃
↓(盆休み明け)
Mention:部署に伝えておきます
↓(次の日)
返答:一例としてこれ、これなどあります(具体的にURL指摘)。 ちゃんと精査して。

三回目問い合わせ:ひと月かけて全記事漁って怪しい箇所は消しました!
↓(2日後)
返答:変更を許可しました

結局のところ悪かったのは全面的にこちらだったので、お手数おかけしすぎました。
ややクレーマー気味に問い合わせしすぎたことでどの記事がひっかかっているのか例を挙げていただけたのもありがたかったです。なかったら気づきませんでした。
何が引っかかったかといえば。

1.)そのままアダルト(?)な画像
見えないように加工したところでダメなようです。そりゃそうだ。ニコ動ならセーフなんだけども。
また、ポルノ判定基準はガイドラインを参照にしてくださいとのことで具体的には述べられなかったもののけっこう厳しめと推測されます。
指摘されたものの、ぱっと見では「え?これが引っかかったの?」とやや疑問が残るものもありました。
どうやら水着もかなり怪しいところなので、穢れを知らない小学生の気持ちになるのですって具合に判断するといいかもしれません。
2.)未成年に見せるには宜しくない文面、サイトへのリンク
「○○○○○す」やR-18なサイトへのリンクみたいな。
こっちは具体的に指摘されたわけではないものの、ガイドラインにあったうえにこちらにも気をつけて記事を削除したため、そちらも加味されている可能性もあるのでいちおう。
また、いざ引っかかったときに要素を探すのがとてもめんどくさいので、常に控えておいた方が予防策としていいかと。


メールの内容については引用禁止とのことで触れられませんが、livedoorさんがこんなに柔軟に対応していただけるとは思っておりませんでした。
最初の頃は「これ復活無理じゃね?」と思っていたので、無事に戻れて良かったです。
みんなも気をつけようね!

(livedoorからの返信は転載禁止とのことで、該当画像は削除いたしました)
んんんんー許るさーん!!

どこが引っ掛かったのかについて、具体的には答えられないとのこと。
自分のブログが割り食らってるのにその返答とか頭おかしいんじゃねえか?
何が駄目なのか、指摘しないでリジェクトって独裁的過ぎませんか。
貼られているURLの基準を読んだら、この強制変更に関して返答する義務はないとのこと。恐ろしい。
泣き寝入りするのは癪だし、解決して戻るまでサポートに送り続けてやるのでヨロシクゥ

とりま、次に突っ込むべきなのはそのアダルトな広告はお前らのマッチポンプなんじゃねぇか?ってこと
前に言ったけど、このブログは広告貼ってないので。アフィリエイトしてないから。
そのバナー・画面下広告はお前らが貼ってる広告やぞ。

あと、具体的に記事URLあげるのはアダルト基準秘匿のために百歩譲って仕方ないとして。
せめて何の要素が引っかかってるのか。記事か、リンクか、広告か。教えてくれよと。
この3要素以外に、2カラムレイアウト自体がセクシーとかほざき出したらもう終わりだと思う。

もし記事だったら、しらみつぶしに下書きにしては問い合わせをし続けてやるぞ。
こんなに噛みついてるのも基準が不明なせいなんで、直してくれたら従順な犬のようにしっぽふりふりします。
はよ戻せー。

こんな感じのを、冒頭のメールが帰ってきてからすぐ送ったらまだ帰ってきてないという。
まさかお盆休みか?????

あだると
/(^o^)\ナンテコッタイ
昨日、久しぶりに記事上げたときは大学生カテゴリのままだったはずだけどあんまり自信ない。
噂には聞いていたものの、実際に強硬手段に出るんだ……と驚くばかり。

とはいえそんなに驚くべきことでもなく、うすうす分かってたところはあった。
思い当たるフシがありすぎて困る。超昂閃忍ハルカの記事はアウトになるに決まってた。
いちおうガバ加工はしてたんだが、バレてしまったか。
そんなわけで、該当しそうな記事をほいほい下書きに戻しました。

運営側にカテゴリを変えられたなら、こんな記事にしなくてもブログ設定で直せばいいじゃないと思われます。
しかし、そこには厄介なライブドアブログ特有の問題があります。
実はライブドアブログだとアダルトカテゴリに変えられてしまうと管理者権限でもカテゴリ変更できません。
変更方法は「サポートへの問い合わせ」のみ。

そんなわけで。
しかるべき対応(該当記事削除)をした後に、「カテゴリ戻してくーださい」ってちゃんとサポートに問い合わせ送りました。
付け添えて、アダルトカテゴリにしなければならない記事(R-18な記事)があるならURLとともに指摘してくださいと書いておきました。原因不明で曖昧なままが一番困るので。
これで、問題があってもすぐに修正するし。一週間以内には戻るんじゃないかなって。

唯一の問題はライブドアブログのサポートは結構レスポンス遅いという点。Twitterの要望送るところだと速いんだけどねえ。
こればかりはどうしようもないので、祈るばかり。
学業の方も面倒な事案発生してるし、今日は一日ついてないぞい……

トップページと個別記事下に広告が出るようになってました。
これまで出てきてなかったので驚いた。 
どないしよー……
と思って、同じライブドアブログを開設していらっしゃるポリポリ兄貴のブログを見に行ったところ。
とくに広告は表示されておらず、どうも僕だけの問題の様子。
どういうこっちゃ

CSS上では
▼トップページ・カテゴリアーカイブ・月間アーカイブ
<$Advertise$>
▼個別記事ページ
<$Advertise$>
(livedoorブログで広告を消す方法「PC・スマートフォン」全部のまとめ)
ここにあって、消せば大丈夫と思ったら。
どうもそうすると無条件で記事下に表示されるように。

困った困ったと思っていたら対処法はブログ設定にありました。

ブログ設定>広告表示>広告・livedoor Blogロゴの設定
ここにある「記事下広告」やらをすべて表示しないにして保存。
あとはCtrl+F5で更新したら消えているはずです。

ここ弄った覚えはまったくないので、もしかしたらいままでもずっと表示されてた……?
今は誰もがプレミアムプランの恩恵に預かれるので、とりあえず広告は消しといた方がお得です!

出ちゃうんですね。
「ブログ学割」が切れたみたいです。
チョット前まではこれのおかげで広告全部消えてたんだけども、幸か不幸かライブドアブログの方針で無料プランが廃止されたことでブログ学割も廃止。
ここの広告消えなくなっちゃったっていう。
すまんね。

このブログは以前から引き続きノンアフィリエイトでやってくつもりなのでよろしこ。


どこらへんに出てる広告のことを言ってるのかは他ブログ様の「この記事」を参考にしてくだしあ。

↑このページのトップヘ