NoEgoism

コミュ障引きこもり気質(人間のクズ)な大学生がいろんな趣味(ゲーム、マンガ、アニメ、音楽、グルメ)を一人でわいわい楽しんでるブログ

タグ:ブラウザゲーム

相手を追い詰めて壊すブロック成長型バトルブラウザゲー「Blockor.io」

世界一のミミズを目指すフリーブラウザゲーム「slither.io」

Screenshot_15
リンク:http://blockor.io/

イメージ7973
今日から始め、いちおうの一位。上位二人の韓国人を壊しての一位。
このあと2100までぶいぶい特攻の拓してました。
それで恨みを買ってしまったためか、韓国人に2人がかりでコア狙われて破壊されちゃいました。
伊藤博文の気持ちになるのです。
もしかして壊した一位と二位の奴だったのかもしれない、ハングルは全部同じに見えるのでよくわかりません。

かんそー
かんなり面白かったです。
成長のさせ方に癖があるため、ジャイアントキリング可能なSlitherとはまた別の戦略があって面白い。
ぷよぷよみたいに集めると四角が出来て、さらに囲うようにブロックを拾っていくとそれがどんどん大きくなっていきます。

この大きさが一番大事。大きければ最強の矛かつ盾の完成!
そこに気づかず集めてるだけだとただの餌。
slitherやagarのようにただ拾っているだけだと拾ったブロックの数は多いものの、小さい四角ばかりでは攻撃力に欠けてなんの意味もない。

加速にも癖があり「回転しないと加速できない」
ある相手を壊すために、大きなブロックを向けて攻めていたら後ろからやってきた相手に掘られて負けるなんてことも。
Agarでは貢ぎ用と罠育成にしか機能していないブロック切り離しが自分のブロックの大きさを偏らせることに使えるのでいいっすね。

デメリット
「ゲーム前の広告が長過ぎる(毎回20秒)こと」と、「プレイ人口が異様に少ないこと」かな……
一回始めると長いので広告自体はそんなに問題じゃない。でも数稼いで経験値稼ぎたい初心者が倦厭する理由にはなる。
フィールドが狭いので今の30人くらいでも悪くはないんだけど、100人くらいいた方が順位の流動性が良くていいよね。


サイトURL:http://slither.io/

ミミズを操作して世界一位になるゲーム。ログイン不要。操作方法も簡単な割にかなり楽しい。
うんこちゃんの実況で知ったゲーム。 どんなゲームかはそっち見たほうが早い。
最後に中島みゆきの糸を流すって言ってたのに流れてないなぁ!?

大きければ強いわけでもなく、どんなに大きくしても触れたら負けなのでジャイアントキリングが往々にして良く起こります。
オンゲーなので人がいた方が楽しいし、現在進行形でプレイヤーが増えているので遊ぶなら今!!

ルール
トップページに乗せられているルールは3つ.
Eat to grow longer!
Don't run into other player!
When longer, hold the mouse for a speed boost!
1.)操作するミミズの大きさはフィールドに散らばる粒子を集めることでどんどん大きくなっていきます。
尾から伸びていき、伸びるにつれて徐々に太く成長していきます。

2.)ビリビリ棒のように相手の胴体へ頭が当たらないように逃げる
頭が触れさえしなければ死にません。逆に触れたら一撃で死亡。
相手に積極的に胴体をぶつけて倒しましょう。

3.)クリックで加速。
体感かもしれませんが、成長するほど遅くなります。
現在の長さに応じて、加速のたびに粒子を落としていきます。デフォルト値(Length:10)になったら加速できません。逆にそれまでは加速し放題。クールタイムがないのが良い。
闇雲に加速したところで避けきれず死ぬので、相手の動きを見て加速するかどうかの駆け引きがこのゲームで一番熱いところ。

立ち回り
これについては人それぞれあるし、所詮はフリーのブラウザゲームなので気楽にやった方が楽しい。
序盤に手っ取り早く大きくなって捕食者側になるため、効率を考えると2つ。
1.) ハイエナコバンザメ戦法
大きい図体してるミミズはよく加速するので、ぽろぽろ粒子を落とします。
それを後ろで拾いつつ、追っているのがやられてボロボロ粒子をこぼしたらガーッと拾っていく。
けっこう安全なプレイング。
あと、フィールドにたまに出てくる光る球はLength200前後なら積極的に加速して取りに行くのをおすすめします。そのくらいなら損得勘定して儲かるので。

2.) 火事場泥棒戦法
特に決まっているわけではないのですが、中央は常に巨大種の激戦区で種の新陳代謝が異様に早いです。大きくなって外様やってても楽しくないって考えからかも。
開始した時点で右下のマップを見て、すぐに中央へ向かう。
中・巨大種同士がやりあって死んだときにボロッボロ粒子を落としていくので、それをホイホイ拾いに行く。
ウマウマ~
ただしこちらは他の誰もが同じ考えで拾いにいくので、けっこう危うい。
かわりに開始早々で4桁まで成長することも簡単。


常套攻撃戦術

わざわざ言うほどでもなく気づくけど、2つほどあります。
1.) 囲い
相手をぐるっと囲んで逃れられないようにする。
Length500以下の囲い込みはほぼ逃れられないものの、5000を超えると円が大きくなり相手のミスで逃げられるようにも。
イメージ7388
上級者にもなると常に加速して巻きながらピッタリマークして逃がさない一方で、囲まれた側もすれすれまで近づいて相手のミスを誘発する、そんな恐ろしい駆け引きがあったり。

2.) こすり
画像で説明しづらいんだけど、たとえばこんなシーン。
イメージ7392
緑のミミズに注目。
黄色のミミズが囲もうとしてるので戻ることも難しく、そもそもこの幅だとUターンできない。もう進むしかできないので、僕がここでぐいっと右上にいきつつ加速したら絶対倒せます。
このタイミングで加速の判断をしていないこの緑ミミズは100%初心者なので美味しい。
ただしこれはタイムラグにとても左右されます。実は相手が加速をしていてこっちが巻き込まれるなんてこともあります。
ただ、小型種ならそうそうないのでガンガン当たりに行ったほうが楽しいです。


今のところ最高は3位.
それも周りがヌルいときのやつだし、まだ一位になれたことはないのではやくなりたい。

↑このページのトップヘ