NoEgoism

コミュ障引きこもり気質(人間のクズ)な大学生がいろんな趣味(ゲーム、マンガ、アニメ、音楽、グルメ)を一人でわいわい楽しんでるブログ

カテゴリ:おはなし > MUGEN

適当に拾ってきた最近のキャラ紹介

幕末前後!核ゲー入門ランセレバトル Part85

凶&狂オールスターバトル 超乱闘世紀末ランセレ杯part109

単騎無双VS数の暴力 FINAL WARS part24,きぼぜつリスペ 帰宅部の意志 part30, 狂下位クラス~激闘!!シングルバトル~ part23

JAPANvsWORLD 狂下位~狂中位ランセレ合戦 #20

ネスツの気まぐれ牛乳娘

改変キャラの男女比ライブアライブ

【キャラ公開】ソニック・ヴァネッサ

迸る鮮血のコープス(BloodSurge-Corpse)

JAPANvsWORLD 狂下位~狂中位ランセレ合戦

いろいろ拾ってきたのをちらほら見る、詳細紹介はせずあっさり感想付きです。

足立透と赤屍蔵人
イメージ7461
すっっっごく贅沢な対面。
足立の方は紅八氏おなじみなシステム搭載。さすが紅八氏だぜ!な演出and挙動。このエフェクトこうやって使うと映えるな~なんて吸収させていただくことも。
番長と違ってボイスも完全に卑屈な足立くんの声。規約の都合でなかなか見かけることはなさそうなので、自分のPCでぜひともその完成度に酔いしれよう。
AIはホルンさんのものを当てさせていただきました。
対する相手は創作キャラ最強論議で有名なGetBackersの赤屍さん。こちらもなんとボイス付き。
さらにさらにドットはしっかり描き換えてあります、それが原作さながらの風貌でクオリティ高く格好良い!
まだ未完成のようなので、完成に期待デス。
最終的には神を想定しているみたい、凶は無理でも狂でギリ見られる……かな?

BloodBerserkerとBloodKiller
イメージ7469
どちらもBloodを名前に冠しており、血の描写多め。さっきの足立くんや赤屍さんと続けて"赤"繋がりとも。
こちらBerserkerはおそらくポンマスと同じゲーム出身。なのでアラド戦記勢?
調整用の設定がいちおうあるものの、正直AI以外はガチ中国語過ぎて読めない。
文字化けってことではなく、ちゃんと表示されてても意味が分からない。
どうも試合中は5150固定、試合後は宣告耐性に常時ガーステ固定してるようでやや狂から足を踏み外してるかな。竜子1stでも倒しきれない。
この性能な上にAIをONにするとアラド戦記勢特有のハメもあるので、むしろONにしなくてもいいかな?
イメージ7472
この変身の技好きだけど、これやる前にたいてい相手落ちてる。
後者のDIO様は上のスクショに写ってないけど、もはや説明不要に一躍有名なので割愛。
JAPANvsWORLDで確かみてみろ!
あのヤクザのエフェクトもろ流用らしいけど、朱漆と黒の色合わせが親和性あるのであり。あとは知らん。

続きを読む



GD! VS 狂紳士
ピヨ兄貴の代表キャラ。狂紳士。
モノクロエフェクトが織り成すハイセンスな演出とスタイリッシュな挙動が脚光を浴び、今でも根強い人気を博している。
性能面では相手に対して一方的にやられることがないようにこれでもかとメタ性能/反撃AIが用意されており、公開から数年経った今日に至るまで更新が続けられている。
狂大会では皆勤賞とも言えるほどひっきりなしにお呼びがかかる有名キャラだ。

魅せるスパーリングってよりも普通に死闘であった。酔っぱらいの場所取り合戦ともいう。
本音を言えば10割のオンパレードってのもいいけど、もう少し綺麗な試合を見たかった~
基本相手が抜けたり受身しないと、狂カラーではああやってダウンからも拾って通常コンでも10割いこうとしちゃう。
3ゲージあったらヴォルケーノよりも投げからデストロイヤーで〆た方がカッコよかった。
これで負けたら終わりという瀬戸際に言うセリフではないものの、勝利に執着はしておらず面白い試合がご所望。
ただ、ちんたらそんなの狙ってたら確実にディザスターで狩られて試合終了のブザーが鳴ってしまうので、AIとしての判断は間違いではなかった。
勝てたからには、先達への礼は忘れないで続けての試合でより一層魅せる試合が見られますように。
コメの「これが商社の拳ってやつだ」に草生えた。運送会社ネタは鉄板やね。


「み~ご」だとすごく陽気な印象。「みーご」だとのべーっとしている。
「ミ=ゴ」だと冒涜的に侵していく。「ミゴ」だとゴが右下に落下しているようだ。

説明文通りのrakurai氏とのバトル。
rakurai氏は僕が崇拝しているMUGEN製作者5柱の1柱なので、試合前からむしろこっちが白旗あげたい。
僕程度の改変キャラで紛いなりにも黒星をつけてしまうなんて恐れ多いことであります。

GD! VS 朱島歩武
熱い勝負。
この前のPartあたりで朱羽さんとも戦っていましたが、いまいち彼の性能を掴み損ねていたり。他が個性強めなので彼がやや薄めに感じちゃうのは仕方のないこと。
1R目のふっ飛ばしでツイーっとヨコに滑って理解不能だった。
おそらく相手の演出Helperが何かしてたんだろう。それなら本体固定じゃないのかな?って気もするけど、いまいちよくわからないしこっちのミスではないはずだから後追いせず。
相手の特殊ガードもなんのその、ガツガツ打ち込んで勝利!
こちら側は特殊受身にガードキャンセルとかなり強みを押し付けすぎていた試合だった。これなしで順当なバトルになりそう。

ハピバレ and 狂紳士 VS 復讐貴 and 朱島歩武
ハロウィンに向けた製菓会社と運送会社の業務提携。
昨日の敵は凶の友。
前後の役割分担が完璧。
シャチョーサンに限らずピヨニキキャラは前に前に出ていくのでタッグ相性が良すぎてこれ狂中位も余裕に喰えるだろってくらいに強い。
勝利画面についてはontopで表示した故に社長が一切表示されていない。
提供を譲ってくれる優しさに包まれて、速達対応ルガール運送。

もぐカビ VS 龍神
ドラゴンタイプとのバトル。
十中八九負ける試合だろうなと思ってた。
このような飛び道具メインウェポン相手のように、差し込めない試合に勝ち筋はまるでないので。
お相手さんの時止め解除でサクッとギガトンが決まり勝利。

続きを読む


ブログ更新不能の暗黒期に巻き込まれ、数単騎についてはOPの記事すらないおそれがある。
キニシナーイ。
まことにもうしわけねえ。

GD! and ボウケン VS オム君ズ
腹と頭を同時に抱えてしまった。

微塵もゲジマユの意味がねえんだよwwwwwwwww
しかも部長についてはイントロの時点で削られてるしダメだぁwwも少しブロッキングで粘ってくれwwww

あとなぁ、これはAIの問題なんだけど。
Helper数かproj数感知で、開幕最初に飛び道具無効のシャドーを貼ろうとしてんのな。
この動作にはもちろん無敵ないので、攻撃されたらキャンセルされます。
何度も同じミスを繰り返すのは馬鹿げているので、2回ほど試してみて無理そうならきっぱり諦めます。
2回。そう、2回。
今回みたいにそのまま削り殺されたら学習もクソもないんだ(*^◯^*)


そんなわけで、よくよく振り返ってみるとAIの都合で100%勝てない試合ですありがとうございました。
ここで脱落。
でも私いいの。humi氏キャラと一緒に抱えボムしたんだから。幸せよ。うふふ。でもせめてゲジマユぶっ壊れタッグの恩恵を見たかったよ部長。
余談。
たいてい数の暴力はフライングをするものなので、こういう輩はフライング→ペナ発動→やったぜ。で仕留められるようになっています。
幕末前後参照。
そんな暴れ方で勝ち星稼がれても見てる僕が困るだけなので、順当に落ちちゃったなで終わりなのだ。
今回のように開幕シャドーで負けることがないようにAI面のブラッシュアップが求めれる。

続きを読む



弱体化竜子さん VS Kyo-wing
DIO様と並んで、この動画で見かけてからとっても気になってた京改変。
これはK'リスペで金グロカラーなのかな?
堅実に当ててからしっかりキャンセルで繋いでいくコンボもありつつ、超必をボコスカ打ってくる快気もあるので見栄えが大変よろしい。

アドバンスや本気系とはまた違った派手派手しい良さがありますね。
同じくsetoさんの大会でみかけたクーラともどもこれからの出番に期待していきたいです。

自前のゲージが常に荒ぶっているのが気になっている。もしかして凶あたりもいけるのかな?

>>world軍なのに一番活躍してるのは(ry
中華で人気なKOFだし、多少はね?


これで脱落。おつかれー。
やや判官びいきなところも否めませんが、基本WORLD応援なのでハチャメチャに暴れずにすんでよかったとほっこりしている面もある。
他のキャラたちがどこか尖っているなかで性能は中庸そのもの、バランス型で主人公性能なので2敗脱落のなかで確実に1勝もぎとっていてよかったね。

イメージ7449
お遊びにテンプレもろ流用で混線を入れてみた、強すぎて笑い枯れる。
しかも相手演出がもれなく死ぬのでうまく使えない。絶対勝つってときじゃないとダメだね。
いちおう1Fだけ奪って変数弄ってすぐ元ステートに返すという、何がしたいのかよくわからない配慮をしたものの、pauseやsuperpauseついてると挙動変になるし演出破壊には変わらなかった。
常時ではなくこっちの超必タイミングに合わせて、絶対ヤッてやんよ!のときにやれば問題はないかな。
そんなことしなくても狂ならターゲットは取れて当然なのでやる必要はないんだけれど、勝つためにやるんじゃなくて「これはひどい」と言わせるために入れてみたい。
ただ、上に述べたような事情で狂下位くらいじゃ運用できなさそうだ。
んにゃ、そこで日和らずに、さらっと混線した方が面白いから。どうにか頑張って入れられないものだろうか。

話を戻して。甘えアンヘルの話です。クリスマス以来なのよ。
システムの画面表示すらガバガバのままβと逃げ道張って約1年放置してたやつがいると聞いて。
春閣下杯で脱落寸前なの見て焦ったわけじゃないんだからね!!

正式版にはいろいろ「○○は甘え」と言いたくなるような、不条理要素を詰め込みたいん。
カラー差がカオスめいてきそう。
パッとおおまかに列挙。たぶん想定ランクを遥かに超えてる。

[全カラー]
攻撃、防御値常時変動
キマグレテンション(R開始時、5%くらいの確率で変動の振れ幅が偏る)
喜-攻撃,防御高値
怒-攻撃最高値、防御最低値固定
哀-両最低値固定
楽-防御負値

異様な攻撃範囲(ただし全画面ではない)
イントロのフライングで永タゲを確保する。
全ラウンドでフライング(立ち(stateno=0)でctrl付与)

[狂下位]
ガー不
ライフ回復禁止
相手ゲジマユ時にこちらもゲジマユ化(相手roundexisted0時にR0-1とR2開始60F以内のゲージ量を監視)
宣告
変数弄り

[狂中位下層]
相手のガー不無視
Movetype=I時ライフ管理
時止め解除

[中層]
ライフ便乗回復
ステ抜け
ダメキャン
向き弄り


[上層]
猛毒(試合時間でダメージが変化)

[上位]
超即死
心停止
無敵剥がし

[予定]
混線
常時movetype=H
前後上下50にplayerhelper配置(相手AIへの嫌がらせ)


狂キャラ特有の頭おかしい性能特盛りてんこ盛り。
甘すぎて胸焼けしそう。

ふと、いま思いついた。
キマグレテンションの適応を性能に拡張して、ラウンドごとに性能シャッフルしていくとかどうだろうか。
これならぶっ壊れ詰め込みも問題ない気がしてきた。
その場合の問題は選ばれた性能を毎度イントロで表示するとなるとややうざい。
問題児。

SAMニキやピヨニキのブログにあった「男にかまってばかり、お前ホモか?(超意訳)」なコメントを見て僕はどのくらいの比率なんだろうと。
バナー眺めて、このコラを思い出した。
!live

ちゃんと元画像に近づけるべと7人性別縛りでぽちぽち選んだところ、他の人よりすげえ地味な絵面になった。
男。漢。オトコ。
それも男子とは決して呼べない妙齢なおっさんばかりですねぇ……
女性についても少女は最初の頃だけで、どんどんと年齢が加速して女子会とは口が避けても言えな、いえなんでもないです。
まことに不思議である。

実際のところ男はこいつら6人で、あとは全部女性だから約1:1くらい。
しかも6人中4人はネタ、これはひどい。実質2や、2。

いちおう、
チャックル→激似
YJ→タドコロ
GD→目線。格闘家だからここにダンを据えるべきだったけど老師枠が無理。
天使→アイドル枠
ダン→武術,やや似
もぐ→野生
トキ→目線

イメージ7446イメージ7447
ランク:凶下位-狂最上位
DL先:http://ux.getuploader.com/migo/download/64/Vermillion.SonicStar.7z

人妻ボクサーを改変してみました。正統ボクサーに仕上がった。
コンセプトは「早く! 速く!! とにかく疾く!!!」
蝶のように舞い、蜂のように刺す戦闘スタイル。

ネタキャラばかり生み出していた気がするので、今年はじめての真面目改変キャラになりました。
去年のクリスマスから弄り始めたので10ヶ月……長い。実働は3ヶ月くらいなのでそんなに長くもない。
Rapidって"pid"が格好悪いなと思ったのでSonic.を頭文字に。

続きからいつもの想定ランク確認の試合結果。

続きを読む

イメージ7414イメージ7417
イメージ7415イメージ7419
Name :BloodSurge-Corpse
Author:Notfound
Rank :Lunatic Low-Middle (狂下位~狂中位)
DownLoadURL:http://requestwasnotfound.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

たまにはキャラ紹介でも。狂ランクの供給がほぼ死に体なので。
IKEMEN勢であるNotFoundくんの改変キャラ。
元はアフロン氏の首なしゲニ「コープス」。それを狂ランクにアッパーした改変です。
首なしゲニ自体は'98ネタ。それをベースにアフロン氏が独自に作り上げ、キャラとして個性を確立させています。
八神庵が炎を奪われたように、ゲニも風を奪われ「血」に目覚めた……ということなのかしら?
血を主体にゲニの動作を組み合わせてアレンジ表現された、やや猟奇的なテイストを損なうことなく、上手く改変されています。
イメージ7416
この醜腕柱で思いっきりバウンドかまして続ける鮮やかなコンボが爽快。
毎回決められた同じコンボを決めるわけでなく、多種多様につなげて飽きさせないようにしているのがイイネ。
たまに蹴りで十割をかますおちゃめっぷり。
手前に引き寄せる血柱からのコンボが好きだ。

カラー差なし。AIレベルもなく、性能について調整できるのはまだダウン回避くらい。
ビシっと出場ランクが決まっているのでとても使いやすいです。
他のランクについてはおそらくこれから更新を重ねて追加されていくことかと思われます。

統括して、これが初の動画向けキャラとは思えない完成度。
いやほんと、初改変なんて99割の人がぶっ壊れ性能で「ぼくのかんがえたさいきょうのきゃら」になるのに。
凶悪に毒され過ぎてないプレイヤー勢の方だと初めてでもしっかりとした狂改変を生み出せるんだと感嘆するばかりでござる。
何よりもとりわけ素晴らしいのが「デバッグエラメゼロ」
誰とは言わんが常時エラメ垂れ流す人(多いのはint⇄ float)は有名な人でも山ほどいるので、放置せずきちんと対処してるこの細やかな心遣いは謙虚かつ崇高。


続けて、おこがましく改善点をちらほらと。ぶつ切りで書き連ねてくね。
まずボイス搭載について。しっかり音声加工していた点が素晴らしい。ただ、元にはないのでスイッチあった方が良さげ? いきなり喋って驚いた。
AI面で立ち回りにSpiritMaliceを多用しすぎてるのが惜しいかな?
発動中無敵で出し得な上に、飛び道具なので当身も取られず安心、そこからコンボにつなげていけると申し分ない性能なので頼るのは仕方ない。
ただしさっき書いたように他のコンボが美しいので惜しい。
元のCorpseで傑作と名高い超必の「フセセホフ、ト(名称未設定)」を迸鮮くんの方で見たことないなって。
あれはいくら強くしても許されるくらいに優れた演出なので是非見たいなと思いましたん。
飛び込む超必がほとんどの場合で当たってないのが不思議に思った。棒立ちの相手でもそうなったのでAIミスかjuggleが足りてないのかhitflagミスかステージ依存(画面端で起きるようなので)の問題か。
細かいことだけど永タゲ用のanimがRoundstate3以降で全画面Clsn1に戻っちゃうのが気になる。試合終わったら真っ赤になっちゃうのはね。むしろ消すくらいで良くないかい?
そのために常時監視覗いてたら「OTHK用ヘルパー」なんて不穏な代物があってやや戦慄した。
もろちんnullになっていたのでこのキャラには搭載されておりません。
上からワープ?なりで急降下してくる技で画面にちらつくゲニがやや気になる。何らかの演出やもしれんから強くは言えないけんども。
カットイン背景を黒にしてることで境界の白が目立っちゃうので、ちまちま背景色で潰した方が綺麗。これはお手軽に出来るから絶対やった方が良い。
あとはカラー差として必殺中の無敵全部削ると、も少し低いランクから始められるかも。

こちらNFくんが丁寧に返信なさってくれたのでその流れをこちらに。
https://twitter.com/migo0110/status/789451762700734464

seto兄貴が企画なさった大会です。
日本人VS外人ってわけでなく製作者対抗戦デス。


ハイセンスOP. 凝ったOPは心躍るぞ。編集に関して見習うことばかりです。
日本側は1製作者1キャラ縛りの様子。かんなり多いしモチのロン。
前に続いて弱体化竜子さんが出場。
オールマイティーに主人公な性能をしているので、主だった活躍が出来るかどうか全て運。
特殊なキャラが多そう(という偏見)な海外勢にも通用するかどうか、楽しみです。
海外勢の新人はyoutubeよりbilibiliから、中華MUGEN勢の出場が多め。
初めて見るなあってキャラもちらほらいるので、その魅力を覗けることに期待です。
問題はそこで気になっても海外勢はなかなか手に入れにくい……www


いまのところコメントでも絶賛のDIO様が格好良くていいねぇ……あの使い方はみかえる兄貴っぽいなって諸感。
ジョジョ改変するときはあのカットインの入れ方参考にさせていただこうかな。
体のいいパクリ発言である。

竜子さん VS 島風
ハイクオリティD4ぜかまし。
島風をストレートで止める竜子様。まっすぐいって、ぶっ飛ばす!!
食いしばり(女神)が怖かったものの、ぐいっと押し切った。

竜子さん VS Shiva
銀侍から知ったアルカナヴァイス改変。
ギリギリ逆転まで持ち込めたものの、あとすこし足りなかった。
この二人は比較的ちゃんとまともな挙動だし、こっちでもよく見かけるので幕末前後でありえた試合みたいになったかな? 
理解不能なやつらはこれでもかといるのでそいつらと当たっちまったときの予測不能な化学反応が楽しみ。

↑このページのトップヘ