NoEgoism

コミュ障引きこもり気質(人間のクズ)な大学生がいろんな趣味(ゲーム、マンガ、アニメ、音楽、グルメ)を一人でわいわい楽しんでるブログ

カテゴリ:おはなし > アニメ

可愛い娘だけ映し続ける一人称視点部屋恋愛アニメ「OneRoom」

【アニメ】「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」感想

モンスター娘のいる日常 11話,最終話

干物妹!うまるちゃん 10話

Charlotte 11話

それが声優! 第10-11話 感想

Charlotte 10話「略奪」

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 10話「ジイ級クエスト」

干物妹!うまるちゃん 9話

それが声優! 9話「マネージャー」

サムネ
カントクがキャラクター原案なことからとっても可愛い、その絵をきっちり妥協なく再現して仕上げてある作画。
5分アニメとは思えないくらい丁寧で綺麗。
低予算低クオリティが不文律だけどそこはあにトレの制作会社なので、そんなことはなくしっかり可愛い。

ジャンル

主人公の姿は一切描写せず、彼女だけを映した視点のみから描かれた恋愛オムニバスストーリー

恋愛……って書いちゃうと二人目が妹なのでいいのか!?となってしまいますが。
普通に恋愛ものです。それも甘っあまな。
これでもかと甘い展開ばかりを盛り込んであって「こんなのありえねーwwww」とツッコミどころは満載ですが。
アニメなんだしそれもいいよね。

とにかく理想な幼妹編

二人のなかだと僕は妹編がとても良かった……!
遠く離れた兄のことを心配するもそれを言葉にして出すのはやや恥ずかしく、何らかの「大義名分」を持たないと会いに行けない行動に移せないもどかしさ。
昔と違った自分を見て欲しいけれど、まじまじと見られたくはない。
兄との距離感がなかなか掴めず、甘えたいけどややぶっきらぼうにしか振る舞えない。
褒められて年相応に顔に出て、ついつい嬉しくなっちゃうところ。そんな素直な感情を見られて恥ずかしいからって隠すところも可愛い。
それでもお兄ちゃんのことが大好きでとにかく面倒を見たくなっちゃう。

妹フェチだったかつての自分のリビドーが揺り動かされました。

続きを読む

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?

あらすじ

小規模ギルドメンバーが自分以外全員可愛い女子高生だった! ネトゲ上の男キャラもネナベだった! さらに全員ネトゲ中毒!
っていう、んなわけあるか!という作品。
タイトルで食わず嫌い起こしそうですが、毎回毎回綺麗にまとめてるのでけっこう面白いです。
キャラ原案がHisasiさんなこともあってか乳や尻の作画がやけに力入ってて、むっちりしてるところがむちむち好きな僕にはたまらなかったり。

こういった要素好きに

・ヒロインがメンヘラメルヘン天然巨乳娘
・相思相愛モノ
・ヒロインのラブラブ度MAX
・非ハーレムもの(ハーレムではないです)
・ネットスラングが入っていても問題ない、むしろやれ

これはハーレムものではない

いかにもなハーレムものに見えて、主人公もメインヒロインも相思相愛。
なんといっても、ネトゲ上では既に婚約して夫婦なので。
スタートからハーレムではなかったり、「はいはいテンプレハーレム乙」と見切りをつけるのはもったいないです。

ヒロインがゲーム脳

23
面白いのはヒロインが現実とゲームの区別がついてないメンヘラメルヘン天然巨乳娘ってところ。
平然と学校でもHN(ルシアン)で呼んでくる恐ろしさ、ネトゲでの結婚をさも当然のように現実での夫婦関係と錯覚するクラスのヤバさ。
さらに極めつけは姫プレイ気質。恐ろしい娘やでぇ……。
こんなもんリアルのネトゲなら99割は中男だろってくらいのキャピ度です。
お話的に彼女がとりわけやばいだけで、他の3人も一般人から逸脱したくらいにはネトゲ廃人だから(なんだこいつら……)とひくことも。
現実世界をうまくゲームに例えてたのはうまかった。

と、こう書いているとこの娘にゾッコンで見ていると思われそうな気もしますが。
このメインヒロインはあんまり好きじゃないです。むしろ嫌いです。
脳内嫁がそのまま出てきたようなルンルンキャラはさすがにきつい……
1012
でもヤンデレ要素は評価したい。あわよくば主人公をうっかり刺して欲しい
ヤンデレ目で平然と主人公刺し殺して「これで永遠にルシアンは私の格好良い素敵な旦那様のルシアンですね♡」ルートに行ってほしい。

凛々しく頼れるマスター(課金厨)

そんな僕はこの生徒会長さんが好きです。
ねとげよめ1ねとげよめ2
まだメインで取り上げられたエピソードもないし、好きになるのは早合点かもしれませんがあまりにもキャピキャピ具合がやばすぎて落ち着く。お姉さんキャラっていいよね。
アニメにおける彼女の立ち位置は課金厨のお嬢様で生徒会長。
メインヒロインの更生のために新しい部活をハイスペPC4台用意して立ち上げるくらい。
ねとげよめ3ねとげよめ4
ゲームではメインヒロイン以上に際どいお色気枠。
普段からこれです。たまりませんね!
有権者の皆様に勘違いして頂きたくないのは、マスターはこんな姿を平然とできる痴女ってわけではなく、これはこういった装備をしている男キャラに会長の姿をかぶせたイメージ絵です。

続きを読む

★11話
Screenshot_17
まーたDなのか。
MONメンバーのなかではティオちゃん好き。おうもっと意欲的に攻略するんだよあくしろよ。
オーガ女子って腹筋バッキバキそうなイメージあるけどそんなことなさそう。
巨乳じゃん? 巨尻じゃん? 乙女じゃん? 抱きしめたいじゃん? 抱きしめられて昇天するじゃん?
巨女フェチ極まってる人は最低でもビルくらい大きくないとってこともあるらしい、その需要に対してどこに供給があるんですかね……。世界は広い。
裁縫上手なダーリンくん、有能。 小学校の頃にミシン三台壊した僕には真似できない。
「道端におっ○い落ちてたらどうする?」ってよくある話題だけどそんな状況初めて見たわwwww
単眼は……いやーキツイっす

続きを読む

Screenshot_10
今話序盤はうまる→タイヘイへのラブラブ依存にピックアップした回だった。
やっと看病回やってくれてとっても嬉しい。こっからうまるちゃん屑路線が大好きの裏返し路線になってより一層ハマったので。
アニメ化は原作以上に描写を追加して丁寧にやってくれて嬉しい。スケジュールに余裕ある日常系アニメの特権だよね。
今までの甘々タイヘイくんならここで休むだろうから意外だった。早く帰るからって言葉に優しさは垣間見える。
続きのお弁当の話も、うまるちゃんが気づいてなかったお兄ちゃんの優しさを自覚する話だし。
弁当について兄は妹が作ったと嘘をつき、妹は兄が作ったと嘘をつく。
前者の理由がよくわかんないんだよね、「男子厨房に入らず」ってことなのかコックになれなかった自分に何か思うところがあるのか。

Screenshot_11Screenshot_12
やさしいボンバくんほんと大好き、タイヘイとは違う面で良いお兄さん。どちらも世話焼きなのは一緒。
噛ませ犬かつ負けヒロインの叶さん可哀想(煽り)、うまると関わってないことで本妻勝利ルートの可能性がまだほんの少し残されてるところがまた哀愁ただよう。
たまに家に寄って年上としての余裕をうまるに見せつけるなんて関係だと可能性0なので割り切れそうだけど、そうじゃないから慈悲もない。
過去回想のあたり、まだコミックスで詳しい説明ないけど重すぎない設定だといいなぁ

Screenshot_8
使いきりだと思ってたおじいちゃんが出てくるとは。今度は立場を変えて。
あのとき施設からタイムリープしたのは兄貴の方で主人公じゃないから、記憶残ってないんじゃ?とも思った。

"Charlotte"ってタイトルにもちゃんと意味あるぞってインタビュー記事に書いてあったけどそんな名前の彗星があったのねー。知らなかった。
そういえば妹ちゃんが天体に興味あるってのも匂わせてたのかもな。
でも魔女狩りに絡める必要あったかなー?
新薬開発……ファーマコメトリクス……うっ頭が……
管理統率する側が非能力者か能力者(兄貴)かってだけでこんなにも能力者の扱いが変わるんすね。前の時は監獄さながらの様子だったのに。
前回のおじいちゃんたちも同じ研究をやってた……とは思えないな。あっちは能力者によるテロの阻止がメインっぽかったし。

続きを読む

Screenshot_4
目がしいたけな娘はいたけど、一般アニメで目がハートなのは珍しい。未確認で進行形の「恋心入っちゃった」が懐かしいところ。
それも常時ってのはこの娘快楽催眠でもかけられてるんですか。目がハート=快楽堕ちと相場は決まってるんだなあ(ゲス)
鈴ちゃん可愛い、母親も可愛い。親子丼いただきます(ry
いちごちゃん意外や意外、アクティブオタク娘だった。
Screenshot_3
『学校行事参加できないとは可哀想』と型に当てはめて言うのも良くない。
とはいえ、「お仕事楽しい!この道に迷いなし!」って状態ならいいけど、実際はそうじゃなかったから改めて可哀想だな。
たまたまモバマスの森久保セリフ一覧を眺めてたので、受動的に声優(/アイドル)になってそのままなあなあで業界にいるって姿が被る。
声がアララギ君のせいでそのままセクハラにさらっと移行しそう(とてつもない偏見)

イヤーイイハナシダッタナー
幼馴染の方と軋轢生じてそれの解消ってオチじゃなく、別れることになっても自分の道を歩む勇気を手に入れたってのは鈴ちゃんらしいお話だった。
道は違えど心はいつまでも一緒って関係は微笑ましいから、喧嘩別れの描写がなくて良かった。

続きを読む

Screenshot_64
ココロノトモヨー
1話全部回想で引っ張るかと思いきやAパートだけでまとめよった。
学校にそんな秘密があったとはな……科学者が一元管理するために運営してると思ってましたー!サンキューガッコー!(テノヒラクルー)
学校でかくまったら科学者が誘拐しに来ない、ってのにはちょっと疑問が残るところ。
問題はこの能力者保護機関である"学校"経営路線がもう過去に戻ることの出来ないラストチャンスに築き上げたものだったせいで、科学者がいったいどんな行動に移るか予測できないところだよね。別世界であんな非人道的な行動してる奴らが、学校なんか作ったところで諦めたりはしないだろうし。たんに今まで学校の存在に気づいてなかっただけかもしれん。
にしても熊耳さんの弱点適当スギィ! 本当の弱点はなんだったろうか。それと、"くまがみ"で熊耳になるの今変換かけて知った。
1話におけるゲスすぎる黒歴史好き。
HEROESで言えばピーターじゃなくてピーター父の方の能力だったんね、便利なんだから回想のときに全能力パクっとけばいいのにーと思ってたけどそんなんしたらバレますわな。
スカイハイ斉藤さんはあのあと「そんなん言ってもバレなきゃとんでもセーフ」みたいな軽い感じで、言いつけ聞かずに高所から飛び降りたらそのまま人生スカイハイしちゃってたのかね。

Screenshot_61
視力を代償に使うから盲目な彼は能力使えず、持ってる能力自体は消えてなかったと。MP切れ状態みたいなものね。
意外とあっさり過去に戻ったのう。それほど妹を救いたい一心だという気持ちの現れかもしれん。
ギリギリなところに戻ったことで、今までに奪ってきた能力は全て保持したままってのも重要なファクターかね。
妹ちゃんの冷やかしを否定しなかったのは乙坂くんの恋心が見えて良かった。とはいえ、これから友利ちゃんが正妻力をガンガン発揮するとこだったのでそれを彼女が覚えてないのはちょっぴり残念。
てかこの時点でカッター女をもうどうにかして欲しい……精神安定的に……

続きを読む

Screenshot_55
汚いCCOタグちょっと好き
とはいえさすがにあの容姿は生理的嫌悪を催すレベルに汚すぎるんだなあ……
たぬきちとの出会い頭に赤らめるゴリ先輩ェ……あなたにはもう少しまともなままでいて欲しかった……
好奇心旺盛で科学者の鑑な不破さん大好き、声だけで困惑が伝わっていいですわー

Screenshot_56
これが正義の顔とかそんなわけないじゃないですかやだー!
迫真なBGMに合わせてこんな構えのアンナ先輩見るなんて不意打ち喰らって草生えた
変態集団に憐れまれるレベルのたぬきちくん可哀想、その後のゴリ先輩は……記憶が汚れちまったぜと実感できるレベルに視覚の暴力でしたね……

続きを読む

Screenshot_48Screenshot_51
綺麗なもこっちと水見式(強化系)で死ぬほど草生えた。
きりえちゃんそんなに好きじゃないから、なぜかかなり人気で困惑してる。人見知りなのはありだけど、基本うまると"二人だけ"の世界に入りたいと思って他キャラを邪険に扱うのがマイナスポイント。
それとは別に早く皆と仲良くならないと空回り率高いから可哀想。なお、仲良くなったあとも空回らないとは言っていない。
クッキーの取り違えミスでちゃんと謝ってペコペコするあたり、悪い娘ではない。この謝りに来るシーンが現時点できりえちゃんのピーク。一枚絵来るかなーと思ってたのでそこが残念。
あとは二人で部屋にいて、海老名ちゃんに勘違いされるところな! にしてもこの二人の並び意外といいですね。なぜかしっくりくる。
原作の良さを余すことなく詰め込んである上に、細かい追加描写でより良いものに昇華してて恵まれてるアニメ化だあ。

Screenshot_49
この回大好き、海老名ちゃんのタイヘイへの恋愛感情を見られるから。
ああ^~やっぱり海老名ちゃんとタイヘイコンビええなぁ^~
生チョコくん好き、カロリー高いからあんまりぽんぽこ作れんけど。
市販のチョコはそんなに好きじゃないけど、ブラックチョコは大好きなので甘さ控えめなの作りたい人は自分で溶かして適当にアーモンドやらラムレーズンやら入れて固めるのオススメ。
愛の蜜はやめろォ(建前)ナイスぅ(本音)

続きを読む

Screenshot_45Screenshot_46
見るアニメ間違えたかな?
コメント見て気づいた。このアニメ、ニコ動の説明文で内容全部明らかになってるとか中身薄すぎじゃないすかね。まあ、シナリオ重視でもないしほんわか見られるから悪くないです。
もぐもぐ食べる娘大好きだから良いぞ~いっぱい食べる君が好き~
グルメ漫画でラーメン大好き小泉さんが気になってます。面白いって噂聞かんけど……
今までの活動を別の視点からなぞらえて、アイドルだけじゃなくマネージャーも二人三脚で頑張ってるよって縁の下に焦点当てた良い回だった。

続きを読む

↑このページのトップヘ