NoEgoism

コミュ障引きこもり気質(人間のクズ)な大学生がいろんな趣味(ゲーム、マンガ、アニメ、音楽、グルメ)を一人でわいわい楽しんでるブログ

カテゴリ:おはなし > ボカロ

「3331」 / ナノウ

「About me」/ 蝶々P

ウミユリ海底譚 感想

『世界寿命と最後の一日/スズム』の解釈

おすすめのアップテンポ(ハイテンポ)なボカロ曲 (~9/28)

アイルの偶発的事情 感想

背景、夏に溺れる 感想

ダヴィンチの告白 感想(解釈も)

魔法少女幸福論 造語解釈をやってみた(マルベリカ・マギスペリカ・ソリタリカ)

透明エレジー 歌詞を解釈


生きて行くのは簡単で、生きないほうが遥かに難しい
大事にしなくともほら、私のはとっくに持て余してる
3っつに4番目に1『さみしい』と読めるタイトル。
雑誌には「一本締めの手拍子のことをイメージしてつけた」と作曲者の方が仰っていたそうな。
意図せぬダブルミーニングだったようです。

生きていくのは簡単で、生きないほうが遥かに難しい

たいてい逆で、生きるのがハードだから逃げ道に死を選ぶ。
とはいえ、簡単だと言ってもそれは楽しいわけではない。
古今東西、人生とは幸せなもののはずなのに。
その幸せな人生を享受できずダラダラと漫然に堕落した生を送っている、そんな自分が亡くなったところで悲しむ人はいない。自分に価値を見出せないでいる。
死生観は逆なのに行き着く先は同じ。
簡単だけど生きていくのが辛いから、これ以上自分の人生を汚さないためにも命を堕して幕を引こうとする主人公の苦悩を描いていく。

「ただ生きることに意味はなく、幸福な生を噛みしめて生きたい」
ってのはSOL(生命の尊厳)とQOL(生命の質)の問題に繋がっているように考えられます。

残機一機じゃ不安で寝れぬ

エンドロールが流れたって 誰の名前か分かりゃしないよ
人生にアンコールなど無い、残機一機じゃ不安で寝れぬ
「残機一機じゃ不安で寝れぬ」の歌い方と意味にすごく惹かれて、この曲が好きなところあります。 
ここ好きって人少ないようで残念。

ゲームではENDを迎えたらエンドロールが流れる。
想像してみよう、この世界で誰かが亡くなったとき空に浮かぶエンドロールを。
そこには自分の知らないスタッフの名前がずらずらと並んで、興味なんて全く惹かれない。
見知らぬ他人の命が果てたとして、自分には響かない。なら、誰とも触れ合ってこなかった自分のエンドロールは?
「ここでセーブできたらなー!!」って、人生の岐路に立った時には思うポイントがあるはず。
幕を降ろしたあとにまた演じ直すこともできないし、うっかり死んだらそれでおしまい。
ミスをしたら取り返しがつかない。悲しいけど現実。
ここらの語句選びが、焦燥感を煽るメロディーと合わせて好き。2:50あたりの揺れるギターが特徴的。


Maybe I'm afraid I'm not as tender guy as you think.
Looking your eyes, and I say "love you" with fake smile.
雨降りしきるなかに佇むオサレ曲。2014年投稿なことにしっとりと驚きを隠せない。
ピアノを中心に据えて奏でられるメロディーがいとうつくし、と言いつつこの曲に関してはイントロが一番好きなところだったり。
ボカロは全般的にボーカルが高音でそっちに引っ張られがちに曲も高音多めになりがちだから、腹にまで響くベースがすごく格好良い。他曲でもピアノの綺麗さがこの方のウリだからこそ、この曲ならここを推したい。
そうは言っても「こっちおいで」に話題かっさらわれてるピアノ主奏パートも好き。

歌詞を見るために開いたwikiで面白い文章が、作者のTwitterの呟きから
喧嘩した次の日に恋人が死んでしまう話だよ。くっそ悲しい歌だよ。
その恋人が死んでしまった日は雨の日で、理由は不慮の事故だったんだけど
何年か経って新しい恋人が出来てもまだどこかで気持ちの整理がつかなくて、雨が降ると君を思い出してしまって過去と現在がごっちゃになってるっていう設定があるよ。実はね。
現在と過去がごっちゃになってる。
それを端的に表現するために英語歌詞を選んだのかもしれません。
日本語と違って英語は過去形でしっかり現在形と視認区別できますから。ただし劇的現在のような例外文法は除く。

上にあげたサビの全ても
気付いた時には終わりを告げ、全てが僕を笑うんだろう?
風が冷たいこんな日は、君を思い出すよ
ここに繋げるためのもの。ここだけ、主人公が錯乱も取り違えもせずにしっかり過去を振り返ってる。

続きを読む

ウミユリ海底譚
前作の「背景、夏に溺れる」から半年、待望のナブナさんの新作です。
投稿されてからずっとリピートかけまくり、聴いているとついつい頭を揺らしてしまいます。
透明→一人きり→さよならワンダー→夏溺と、綺麗に緩急ついてたので今回はテンポのよい曲かなと前もって予想していたとおり。
前回の落ち着いた曲調から戻ってナブナ節全開のロック、中毒になってしまいます。
期待を裏切らない、それ以上に期待を遥か斜め上に飛び抜けて余りあり、あわしまさんのPVも曲の雰囲気にあった素晴らしいものでした。

続きを読む

この曲、果たしてハッピーエンドなんでしょうか?
世界寿命と最後の一日

はじめにこの動画を見たのはランキング。タイトルを見て、「まーたこういう類の曲か」と呆れてこの動画をスルーしました。
それから日が経ち、音がないのは寂しいから曲でも流すかとこの曲を流したところ。
「すっごい良い曲じゃん!!」
と実感。タイトルで好き嫌いしちゃだめだって痛感。
GUMIの「夕暮れの空に 滲む星は とても綺麗で 」のところの透明なかすれ声が哀愁を漂わせる歌い方で心に響きました!

で、解釈の話。
冒頭に書いたように、この曲はハッピーエンドなのか?ということ。
で、結論。
違います。この曲はハッピーエンドなんかじゃないです。
Elegy End.
ここは僕の解釈じゃなくて、CDに書いてあることなのです。この大百科の記事の動画とCDの項にかかれています。

続きを読む

有理数プラネット

・有理数プラネット


ピコピコ音のChiptuneが適度に混ざり合って趣あるロックを奏でるボカロ曲。
この曲は複素数ネットワークといった曲のセルフアレンジであり、その曲も好み
・複素数ネットワーク


続きを読む

アイルの偶発的事情


前のダヴィンチの告白に次ぐ、666_MusicWorksさんの新しい楽曲です!
ダヴィンチの告白の感想 未熟な解釈も(ダヴィンチの告白についての感想と解釈記事です)
666はサークルネームだから、Mr.Yamaguchiさんと言ったほうがいいのかな……?



前回の曲がフリーメイソンについての曲で、今回の曲がイルミナティについての曲であることはTwitterやTumblrで呟いていたため知っていました。加えて、今回上げられた曲のタイトルも事前に告知されていたので知っていました。
アイルの偶発的事情、一体どんな歌なんだろうか……と思いを巡らせ。
前回の曲は独創的なリズムでイントロからギターが攻めてくる明るい曲だったので、題材が題材だけに今回の曲はダークで心臓を震えさせるように重く暗い曲なのかなと思っていたのですが。
いい意味で期待を裏切られました。

明るいっすね、とってもポップな曲です。
前回もそうでしたのですがイントロがとっても短く、いきなり歌が始まっていく構成で。
息継ぎも許さないほどにタタタタッと駆け抜けていく進行がたまらないですね。
IAの泣きそうな歌声も良い!

前回のダヴィンチの告白は、最後で報われたような。そんな感じがしたのですが。
今回のは徹頭徹尾終末思想、報われてない気がします。
あくまでも感覚ですので、それがどうかはわからないのですが。
歌詞を読めば読むほど読めない。うん、正直に言いますと。全然理解できてないです。
ダヴィンチの時は、いろいろと具体的な情報が入ってきたので。それを拾ってくだけである程度読んだ風に装えたのですが。
今回のはお手上げ侍。うっすらと浅く理解できるのですが。そんなもの確証も何もないのでダメダメです。

はっと思ったのが、
Illuminati → Illu → I + llu → アイル →Ire
になったのかなーとか。適当です。

今回は特に解釈はないのですが。
ちょっと気になることがひとつ。
前回のダヴィンチの告白にもいつの間にか加わっているのですが。
こちらのアイルの偶発的事情では白文字で「1710」
ダヴィンチの告白の方では「1498」
アイルの方はよく分からなかったのですが。ダヴィンチの方は、もしかしたらこの数字は舞台となっている年代を表しているのかな?と思ったり。
ダヴィンチは生年1452年の没年1519年で。1498年に最後の晩餐を描き終わっているんですよ。
もしかしたら"アイル"という実在する有名な人物なのかな?と思って検索してみましたが。見つけられませんでした……。出てくるのはバッカーノ!に出てくるキャラくらい。
というわけで、前回同様。「実はアイル -Ire-にはこんな意味があってだね……」というその筋の専門家の方がいらっしゃったら教えて欲しいです!
そうじゃなくても、「この曲ってこんなとこいいよね」とかでもなんでもコメント待ってます。その感想を共有して喜びたいです!

次の曲は666に関係ない曲らしいのですが、とっても楽しみです!
今から首を長くして待ってます。

続きを読む

背景、夏に溺れる


僕が敬愛して止まないナブナさんの最新作です!

いつものガガガッと勢い良く攻めてくるロックとは違って、ゆったりとしております。
ただ、それでいても曲全体からひしひしと伝わってくるナブナ節とでも呼ぶべきリズムは耳に心地よく、中毒必至の曲になっています!

そして、ナブナさんといえばの、GUMIの泣きそうな声!
今回の曲でも存分に発揮され、曲の雰囲気を後押しして深めています。
サビのところは特に最高です!胸に必死に訴えかけてくる歌声です。

歌詞の言葉選びもいつもながらに素晴らしく、聴き応えも読み応えもあります!
『灯』『蝉』『褪せた』とか『蛍』といった言葉が「儚さ」を連想させますね。聞いていて物悲しさを感じさせる。

また、いつものナブナさんの曲とはまた一風変わってるかなって思いました。
最近のナブナさんの曲は登場人物の語りやセリフなどで臨場感をつけて僕達を世界観に引き込んでいくもので。
今回の曲は言葉の表現で聴いている僕達に世界観を創らせる曲になってるなって感じました。

とても良い歌なので、是非聞いてみてください!!


続きを読む




次回作のアイルの偶発的事情についての感想記事も書きました。
アイルの偶発的事情 感想
聞いていて心地の良い曲
ランキングに昇ってきて当然と言うべき曲です、これからの次回作がとても楽しみです!
2013年聴いてきたボカロソングのなかで五本の指に余裕で入るくらいに感動した曲です!
これはすごい……!
イントロのギターの入りからもう伝わってくる良曲の雰囲気。「てっててれーてってれってれん、てっててれーてってれってれん」と脳裏に残る中毒性のあるイントロ。
そこから始まるメロディのリズム感と歌詞の独創性。
僕はこういう一般的な曲とはいい意味でズレているリズムを刻む歌が大好きです!
颯爽と駆け抜けていく音楽がもう最高!
よくもまあどうやったらこんなすばらしい歌詞を書くことができるんだ!!と驚くばかりです!
歌詞を調べているうちにダヴィンチやフリーメイソンについての理解も深まって行きました、曲の背景にある世界観を理解したいと思わせるほどに魅力的な曲です!
そして、歌詞を調べれば調べるほどに、この歌詞を書いた人の知識の深さ及びにその表現力に脱帽します。「どうしてこの人はここまで知っているんだろうか……?」と疑問を覚えざるを得ないくらいに歌詞の凄まじい深遠さです。


続きからでは、歌詞について考えて見ましたがとても中途半端です。
この曲に対して完全に理解したなんて口が裂けても言えないです。
「実はだね、ここはこういう意味があってだね……」や、「ここはこうじゃないですか?」とかいった意見大募集ですので、是非コメントにお願いします!僕が知りたいです!

(13/8/10 修正と追加)続きを読む

魔法少女幸福論



断っておくと、完全に自己満足です。
ビビデバビデブーに意味を求める人なんて気狂い変人以外の何者でもないですが、僕はそういう人間です。
今回は様々なサイトから情報をかき集めて来ました、誠にありがとうございます。
さて、
魔法少女幸福論で出てきた謎の造語は以下の3つ。
マルべリカ
マギスペリカ
ソリタリカ
続きから、1つずつ考えてみたいと思います。
改善点反論異論その他諸々大募集です!

クリックで結論へ続きを読む



この曲を聞いてどんなお話かイマイチ分かっていなかったので解釈してみました。
鬼灯さん家のアネキの五郎と水野さんの関係が近いのかも。
ちょっと妄想が過ぎた気もするので、おそらく真実からは遠のいてる。
なので、「僕はこう思います!」「これとは違う解釈を私はしています」といった意見をコメントにバンバン書いていただけるとありがたいです!いろんな人の意見を聞きたいです!
おそらく他の人と最も違うところが、「君が死んだかどうか」だと思います。
歌詞を額面通りに受け取ると、君が屋上から飛び降りたように思えますが、ナブナさんのこの世界観で人の生死は違うだろうなと思って、僕の考察では君は生きています。

ちなみに、
上の画像(動画から)の左の拡声器を持っているのが"君"で、右で耳を塞いでいるのが"僕"だと私は思っています。
拡声器を持ってまで、君は伝えている。そんな君の声を、僕は聞きたくなくて耳を塞ぐ。
どちらも女子高生ですね。

続きを読む

↑このページのトップヘ