前に「MUGENキャラ製作・改変のすゝめ『0から学ぶcns理解・改変編』」の記事であっさり触れたのですが、定型文を開示してなかったのでまとめます。

Cliborというソフトをインストールして、定型文を登録しておくと、
記述製作がめっっっっっっちゃ捗ります。
効率化のためにおすすめです。

以下は自分の手癖で登録していたものなので、適宜自分用にカスタマイズしていってください。

[state ]
type=helper
trigger1=
name=""
stateno=0
id=0
pos=0,0
postype=p1
size.xscale=1.0
size.yscale=1.0
keyctrl=0
ownpal=1
ignorehitpause=1

[state ]
type=explod
trigger1=
anim=
id=
pos=0,0
postype=p1
scale=1,1
bindtime=1
sprpriority=0
ontop=0
removetime=-2
ownpal=1
ignorehitpause=1

[state ,時間計測]
type=varset
trigger1=1
sysvar(0)=sysvar(0)+1
ignorehitpause=1

[state ,無敵]
type=nothitby
trigger1=1
value=SCA,AA,AP,AT
ignorehitpause=1

[State ,当身]
type=ReversalDef
trigger1=1
reversal.attr=sca,na,sa,ha,np,sp,hp,nt,st,ht
pausetime=0,0
sparkno=-1
hitsound=-1
numhits=0
ignorehitpause=1

[state ]
type=hitdef
trigger1=animelem=1
attr=,na
damage=0,0
pausetime=0,0
guard.pausetime=0,0
hitflag=mafd
guardflag=ma
priority=7,hit
sparkno=s-1
guard.sparkno=s-1
sparkxy=0,0
hitsound=s-1
guardsound=s-1
getpower=0,0
givepower=0,0
ground.velocity=0,0
guard.velocity=0
air.velocity=0,0
ground.cornerpush.veloff=0
air.cornerpush.veloff=0
down.cornerpush.veloff=0
fall=1
fall.recover=0

anim=-1+(Anim!=1400)*(1+1400)

[state ,デバッグ用]
type=changestate
trigger1=command="start"
trigger1=ctrl
trigger2=var(59):=0
value=1400

[state ]
type=envshake
trigger1=
time=12
freq=80
ampl=-8
phase=100
ignorehitpause=1

[state ]
type=width
trigger1=1
edge=90,0
player=70,0
ignorehitpause=1


envshakeがfreq=80な理由は、録画環境に関係しています。
freq=90にすると、30fps環境と60fps環境で揺れが変わります。

現在は60fps投稿がデフォルトになっているようですが、
いちおう30fpsで録画する方を考慮してfreqは設定するのが無難です。