香港研修は美味しく楽しい旅でした。
ねっとがぞう
(ネット画像より)
賓客サイドだったので、いかにもな円卓で↑のような鶏料理や魚料理を味わう機会もありました。
ただ、それよりも自分は地元の点心料理屋やラーメン屋の方が印象深かったです。
日本国内も面白い料理はいっぱいありそうなので、もっともっと旅行していきたいな。

「英語マジで喋れねえ!!」を強く意識させられ、帰国後はちょっとそっちも伸ばしていこうと書籍をいくつか購入したり。
帰宅直後に受けたTOEICスコアは900でした。
目標は990だったので少し残念。ただ就活には充分使えるスコアなのでぶいぶいさせます。

学習の実りも深く、医療制度の違いを強く実感しました。
真面目な内容を書くブログではないので深い考察は避けますが、一言で言うと
「国が豊かなら少子高齢化・医療費高騰は問題にならない」
ことを考えさせられました。
結局、国に余裕がないから問題になっちゃう。
こればかりは医療からのアプローチでどうにかなることではないので、歳入増大に繋がる政策をオナシャスセンセンシャル!

IMG_8894
現地のコンビニで売られていたあちらの漫画や、広東語に翻訳された艦これの漫画、料理本(英訳つき)も買ってみたので、語学学習も兼ねてちまちまと読み進めていきたいです。
たまたま見かけたので買った料理本だったのですが、これがなかなかに面白く、おおよそ日本では食べない素材の組み合わせがちらほらあって、これが一番の大当たりでした。

大当たりといえば、あっちのビニ本(R-18な本)も面白かったです。4冊買ってみました。
そのうち2冊は「女優のページにあるQRコードを読み込み、スマホで動画を視聴するスタイル」の本で、その動画サイトはどう見てもド☆違法(ry
どうも日本のAV女優が大人気なようで、香港女性を取り上げているものは少なく既視感ばかりでした。
考えてみれば、蒼井そらが国賓になる国家の一部ですし、そういうもんなんかなーと思いました。
規制なのか、香港女性が載っている本はわりとセクシーな描写は抑えめ。グラビア本のような様相でした。
いわゆるモザイクの有無は……記憶にございませんので明言を避けさせていただきまする。
香港の風俗といえば香港141ですが(検索して知った)、どうも僕らが行った時期は摘発で潰れてしまっていて、マンションで遊ぶことはできなかったようです。
突撃したかどうかは……記憶にございませんので明言を避けさせていただきまする。


とどのつまり、
研修が過密すぎてあまり観光はできなかったのですが、異文化を肌で強く感じるはじめての海外旅行は面白かったです。
どこもかしこも活気盛んで眩しく輝く眠らぬ街が香港でした。

それならまた今度行くかと聞かれたら、つぎは台湾で良いかなと返します。
だって物価が日本と変わらないんだもの!
見るところもそこまで多いわけではないですし。


そんなわけで、
(香港って島だっけ?)くらいの認識で突撃したはじめての海外旅行でした。
こう書いていて本当に申し訳ないのですが、台湾は島であってますよね?
だったら香港は島じゃない?

リアルタイムに調べたら台湾も香港も島でした。
ひっかけ問題かな?