イメージ7948
スカルガのBloody-Marie.
原作のボスキャラ、常時アーマーちゃんです。
唯一のスカルガールで復讐を抱いて云々かんぬん

BもMも既に埋まっていたので、適当に
Zombie+Marie=Zomarie.

1から組み上げてます。winで動くようにripから加工して減色しました。
原寸を登録する場合はx,y.scale=0.015くらい。一枚一枚がカットインな大きさです。
それがウリの格ゲーですしね。見渡す限り(設定に癖のある)可愛いキャラばかりで楽園。
Marieにした理由はタイトル通り、抱負なキャラ属性がどれも自分の琴線にビンビン触れたから。
いいよね。闇を抱えた感じのロリ。しかもツインテメイド。

もう一つの理由は透過pngの減色がすっっっっっげえめんどくさくて「こりゃ無理だ」と察した結果。
透過pngのまま登録可能なmugen1.1じゃないと無理です。
この娘は全部で100枚もないので出来ると確信しました。

原作再現は放り投げて自分の好きなように組み上げていく感じで。
イメージ7934イメージ7944
なのでペルソナを使いだす。
そのまんま使うとやや雰囲気が合ってない気がするので、黒塗りで影化させようか悩んでいるところ。
原作だとMarieは第二段階で黒い影を呼んで戦います。

ちなみにMarieちゃんは全部で三段階ありますが今回のは第一形態だけです。
2,3ともにエフェクトRipが絶妙に足りないのと、形態移行がめんどいから。

原作でもいろんなキャラを呼び出して攻撃させるキャラなので、ならペルソナでもいいじゃん(いいじゃん)。
凶上位付近シングルバトルのヴァンプリストライカーを使役してたプリエが思い出されます。



周囲の骨の軌道が原作再現不能なので適当に動かします。
こういうのわからんもん。ぷるぷる。
この適当にってのが一番難しいわけで……
自分なりに頭使ってやってみました。

当座、キャラの誕生日の4/3に合わせて組む予定。
恵まれていることに、アーマーキャラなのとスプライトが少ないために攻撃のバリエーションは後出しでいくらでも増やせます。
なのでいつ打ち切られてもしっかりとした終わりのつくように章構成をした「脳噛ネウロ」のような進行を真似てやっていく所存。