コメント返しのついで。
まずはじめに。僕は神製作者ではなくただの凶狂改変者なので、現状の凶悪MUGENに物申すわけではないです。雑記です。
久遠氏の『親捏造について』や『「神最上位」という温室」』を見てそちらに共感してしまった派なので、使用技術に枷をつけるのはどうなのってそんな記事。
肩の力抜いて、戯れたこと言ってんなくらいの認識でおなしゃす。

タイトルが隔離技術じゃないのはかつての伝染病患者への扱いみたいに隔離したってより嫌悪感からの忌避に近いから。温室からの隔離って意味ではあってますが。
きっかけの発端は「親捏造や%nが未だに嫌われてる理由」ってコメントしてくださった方の意見について。
こんなこと言ったら現神製作者に睨まれそうですが、まあ馴れあってないしいいよね。
AnswerはかつてのIRCで決まった流れに今ごろ異を唱えても遅いといいますか……
「レギュレーションが既に確立されているから」ってのが答えでしょう。これに関して違和感を覚えるのは神というランクの特殊性にあると思います。
神ってのは不思議なランクで、他ランクは防御面もランク評価に加味されるのに対して殺傷力のみで決まります(今回触れている神ランクは殺傷側の話、撃破挑戦系は除いてください)。
所謂「試合を捨てて勝ち星に全振り」なランク。相手の攻撃をしっかり受けてパタリとやられる必要はないのです。
たまに神製作者の方が狂を作ったときにランクが一回り違ったりすることの主たる理由に「だってこいつ大した凶悪技術積んでないよ?」っていうの。明記は避けますが実際にあった例として即死技を4つ"しか"積んでないか、4つ"も"積んでいるか。ここらに基本思考の違いがあるかと思われます。
上述通り、神は搭載"殺傷"技術の如何でランク評価されることが多いのでこうなるのかなと。耐性自体は初期から確立されてて、そこに後載せで矛を強化していってるイメージ。
ここで重要なのが負け星の有無についてはどうでもよくて、撃破挑戦キャラと銘打たなければ論外でも構わない。
例えば神上位の攻撃に全部耐えたところで攻撃技術を一切積んでないやつに神上位の評価は下されないし、誰も倒せないと"論外"って呼ばれる。ただしその"論外"に神を倒しうる技術があれば"神"と呼ばれるように。
凶悪キャラmugenwikiの神の国の住民ってところにこういった文章がありました。
「防御面が過度に脆ければ(勝敗にさほど固執していないと見られるため)攻撃型の狂キャラとして扱われる場合もある(イブリース1Pなど)。 」
これこそ神を象徴する一文ではないでしょうか。
殺傷力を競い合う側が獲物に狩られて死んではいけない。

そんな殺傷側を対策不能で一方的に殺傷可能な技術はマズイ。これらの忌避技術を許したら絶対的な耐性がなくなっちゃうから、知恵の輪を解く手法にハンダゴテ持ち込む強引さ。
それなら基準を設けて、例えばポイント制にしてどの技術を使うか制限ポイント内でチョイスしてやればいいのかもしれない(どこかで見かけた意見)けど。まず大会運営側が面倒だからやる人はいないと。
それに、狂ですら「なぜこの設定じゃないんだ、もっと強くできただろ」と視聴者側でなく製作者側でも吐言する人が湧くんだからこの方式は絶対に文句噴出しますね。100%.
そんなわだかまりを排するため、敢えて技術を制限したのにはもちろん一理あります。

問題は今の風潮で、親捏造はまだしも%nに関しては完全に悪の存在、禁忌として扱われてるのが少しおかしいかなーと。
僕はその時代を知らないのですが、%n使ったときにリドミにその旨を記さなかったせいで製作者側が糾弾されたことがあったようで。
それこそ演出の一環としての利用。
原作で無敵剥がし技があればそれを無敵解除で再現したり、ケンシロウの残悔拳でF1使うとか。時を操るキャラで演出のためF4, F5したり。
一例たちが貧弱な発想で申し訳ありませんが、使うかは別として選択肢を狭めるよりは使えるものとして猶予を残してもいいのではないかなって。
例えば敷衍した技術として永続ターゲットは神でなら宣告・混線手段だけど、強ではそれを抑えて毒再現として扱ってるキャラいるし、そういった風に他ランクで至らなければ幅が広がるのではないでしょうか。
神での殺傷力レギュレーションを狂以下に持ち込んで欲しくない。
……さすがに、もう手遅れな話ですが。
仕様関連で新事実見つかるのがまず神からであるため、極論だけ周知されそれ以下のランクで使用するのが以ての外になっちゃうのかな。

余談に。
面白いなと思ったのが、winmugenかmugen1.0かを判断する手法に最近の強界隈で累乗を使用するってのが広まったんですよ。
この事実自体は凶悪MUGENならかなり前から知られていること(参考:「深山氏ブログ」より)で、もしMUGEN上で使用可能な技術の認知に壁がなく強界隈でも一般的に知られていることだったら数年前から搭載されてたんじゃないかなって。
基本的に使ってるソフト(or所属する会社)は同じなのに、ランク(or部署)で仕切られることで互いに互いの理解・把握が遅れるってのは現実世界でもあることですし、身につまされます。