Screenshot_8
使いきりだと思ってたおじいちゃんが出てくるとは。今度は立場を変えて。
あのとき施設からタイムリープしたのは兄貴の方で主人公じゃないから、記憶残ってないんじゃ?とも思った。

"Charlotte"ってタイトルにもちゃんと意味あるぞってインタビュー記事に書いてあったけどそんな名前の彗星があったのねー。知らなかった。
そういえば妹ちゃんが天体に興味あるってのも匂わせてたのかもな。
でも魔女狩りに絡める必要あったかなー?
新薬開発……ファーマコメトリクス……うっ頭が……
管理統率する側が非能力者か能力者(兄貴)かってだけでこんなにも能力者の扱いが変わるんすね。前の時は監獄さながらの様子だったのに。
前回のおじいちゃんたちも同じ研究をやってた……とは思えないな。あっちは能力者によるテロの阻止がメインっぽかったし。

Screenshot_9
学生相手に拷問するわけないなんて甘い発想じゃったか。やっぱ研究者側は暗躍してたのね。
はたしてこいつら研究者か?と言えば疑問符つくがね。今回の謎外国人たちは能力者たちを使っていろいろ一儲けしよーって算段っぽそう。そのあとに売り飛ばすためかもしれんが。
悪役がする約束なんて守られるわけないのにな……おバカさんかな?
約束なんて守られる理由ない、自分だけに甘い無能ここに極まれり。
裏切ったやつを救って味方も救えるなんてそんな甘い話にはならんわ。奇跡でもおきないとね。
友利ちゃんは序盤の脅してるときの方が輝いてて好きかな、あられもない姿で縛られてるの見てもあまり興奮せんかった。でも泣いてる姿は見たい(矛盾)。あわよくば足コキされたい(要求)。

「僕の王の力がぁぁぁぁぁ!!」
『能力は両目揃ってないと発動できない』って設定なら論理性通ったのに。なんで立証不可能な「時間跳躍は片目じゃできない」を相手方が知ってるんですかね……
何はともあれそのせいで振り返ることもできないし、崩壊発動でこれまで尽力してた熊耳さん死んじゃうわで考えうる最悪のルートに。
ジエンドのライブを見に友利ちゃんとあれこれあったのが遠い昔のように思える。
サラさん(´・ω・`)

いやはや……全部全部タイムリープしてなかったことにならないかな……(現実逃避)
味方の無能に足引っ張られて壊滅って展開は、無能に対しての怒りが溜まって全然泣けないし感動できない。しかもその無能役が既出重要人物ならまだしも、ぱっと出のおっさんなのが最悪。
めちゃめちゃ自己弁護して罪悪感から逃れてる姿もあかんわ、こいついなければ僕の望む優しい世界だったのに。
今までの物語で指導者ポジとして立ちまわっているとか、止むに止まれぬ事情を家族のためなんてチープなものじゃなくもうすこししっかりすべきだった。

にしてもほんと、話の向かう先がよく分かりませんな。
全世界で魔女狩り and それに対してのテロをやってるなら、彗星に対して手を打った所でどうしようもない。
まどマギに倣って彗星が生まれる前にタイムリープして破壊、乙坂くんだけが犠牲となったのだ……人類の犠牲にな……くらいしかハッピーエンドが見えん。といいたいけど、タイムリープは意識だけで肉体戻せないから生まれる前に戻るのは無理なのよねー
いったいどうなるんだー

野球、バンド、麻雀とAB!で見たなこれと思いました。はい。