これからMUGENを始めようとする人がかつての私のように躓いていじけないように、最低限「これはええな」と満足するくらいまでを適当に書き連ねていきます。

MUGEN界隈の不文律に「ファイルのDL場所は聞かない、自分で探す」があるので、今のうちからGoogle大先生準備

もくじ

本体ファイル
キャラ・ステージ
アドオン
キャラクター登録

29-Parametres
本体ファイル

http://ux.getuploader.com/migo/download/6/winmugenplus.zip
アドオンが変になるんです……って嘆きをちょくちょく見かけたので転載。多分これなら大丈夫?

肝心かなめの本体。
現在公式サイトで正式配布されているStable(安定版)はMUGEN1.0
従来の4:3比ではなく16:9比をデフォルトとしており、正式にHD表示に対応しました。
β版ではMUGEN1.1があります。

ですが、そういった最新版ではなく"WinMUGENPlus"と呼ばれる昔の方をダウンロードして使いましょう。
なぜかというと。現在までに流行ってるキャラのほとんどが旧版のWinMUGEN対応だからです。
いちおう、MUGEN1.0でもそういったキャラは使えますが(互換性モードにより)
後述のCharRegisterってソフトが使えないせいですごくかったるい!面倒くさい!
それ以上に、キャラの動きやAIに問題が発生する可能性があるってなこともあり、おすすめできません。
加えて後述のアドオンを導入したいからです。
PlusであるのはステージやキャラのD4に対応しているからです。
D4ってのは従来のD0に比べてくっきり高画質、ってな認識で。4K4K
しかし、海外では1.0以上が流行ってるし国内でもたまに1.0onlyなキャラがいるのでそこら辺は臨機応変に。

18-Utilisateur
キャラ, ステージ

キャラは自分で調べて確保しましょう。
月並みですが、『キャラ名 mugen』でGoogleさんに頼めば大抵は手に入ります。
公開停止によって無理な場合は諦めよう。長い期間、今でも引きずってるものがいくらかあるけどしょうがない。MUGEN界隈はショギョウムッジョなので。
諦めきれないときは「4shared」で"キャラ名.zip(.rar .7zなど)"検索や、InternetArchiveさんのサルベージ辿ったり、果ては海外フォーラムもぐってよろしくしたらどうにかなることもある。頑張れ頑張れ。
とはいえ主流のワンドラ公開系やアップローダー使ってる系はArchiveじゃどうにもならんのでアキラメロン
そのときにSkyDriveやブログに使用要項が記載されている(動画使用許可、最新版使用義務、対狂キャラ禁止)場合はキャラのフォルダにその旨をコピペしたテキストファイルを置いておけば、動画を作るときに厄介なトラブルを招かないことに繋がります。
最近では某氏製作動画が波紋を呼んだことから『特殊ルール禁止』といった文面もよく見かけるようになったので、注意注意
『見所なく負けた場合は駄目』といった細かい指定もたまにあります。

zipのままでも登録は出来ますが不具合多発なので手に入ったら即解凍。
MUGENフォルダのcharsにフォルダごと入れてください。
ある程度の階層構造なら支障はでないので、僕はこんな風に制作者様別に分けて管理してます。
Screenshot_1

キャラ集める際に傍らでステージを公開していることがあったらすかさず手に入れておくとベネ(Good!)です、ステージはありすぎて困ることは一つもないので。
それにステージが公開停止により代理公開されることはほぼありません、確保確保。
stageの注意はステージに付属してる音楽はsoundフォルダに入れないと意味ないよってこと。
とはいえ、動画を製作する場合や個人で遊ぶ場合もMUGENのBGM再生は全く安定しないので使わないほうが良いです。
個人で遊ぶ場合も、別途iTunesから音楽流したほうがおすすめ。

43-Tux
アドオン

とても楽しんで見ているMUGENの大会で、アンニュイさん(humi氏)が企画している「純粋に人を信じてみた」「希望VS絶望」のキャラ選択画面。
あれは"mugen_coruscation_screenpack_v1"というアドオンです。
アドオンの導入の仕方はReadmeに書いてありますが英語なので、いちおう説明しておきます。
ここで行うのはbat起動ではなくデフォルト設定書き換えによるアドオン導入なので、設定を既に書き換えている方はいつでも戻れるようにいちおうバックアップを。
1.解凍したMUGENのフォルダにある"data"と書いてあるフォルダのなかにこのアドオンのファイルを移動する。(上書き)
2.そのなかで拡張子がfnt(~~.fntとなっているファイル)は"font"フォルダに移動する(既存のファイルがあっても上書き)
3.mp3ファイルを"sound"フォルダに移す。
これでWinMUGEN.exeを起動するだけでアドオンがちゃんと反映されているはずです。
このアドオンはWinMUGEN用なのでもちろんMUGEN1.0には対応していません。
また、どうも手に入れたMUGENによってはWinMUGENなのに『この知恵袋』のようになることがあるそうな。
こういった状態。
イメージ3465
多分、上に貼った転載のやつなら大丈夫だと思うのでそっちに当てて試してみてね。
他にもアドオンは非想天則やメルブラ風など探すといろいろあるので、お気に入りのを持って来て当てるといいでしょう。
上に書いたアドオンのあて方はあくまでこのアドオンでの仕様なので、自分が使いたいと思ったもののリードミーを読んで各々導入しましょう。

12-Nouveau-document
キャラクター登録

次に既に手に入れたキャラを追加していきます。デフォルトだとカンフーマンしかいません。
"CharaRegister"というソフトを使っていきます。
イメージ3384
神ソフト、わかりやすいUIでキャラやステージを登録できます。
本来はdataフォルダにあるselect.defに『○○/**.def』と打ち込んで保存します。
その手間をこのソフトを使うことでGUI(ウィンドウ)で直感的にいじって簡略化し、配置も設定できる。
イメージ3466
こんな具合に。
それだけではなく、
『system.def・select.defを分けられる』
『BGMを無効にできる』
『log(試合情報)を出してくれる』
『カラーを指定して戦わせられる』

などなどできるので調整や録画の際に凄まじく役に立ちます。
ステージの動作確認にもすごく便利です。

フォルダ・system.def・select.defの3つに上から順に"追加"を押して登録してください。
はじめのMUGENフォルダを登録する都合上、階層が奥の方にあると面倒なので僕はDドライブ直下にMUGENを置いてます。
動画編集用のAviutlや録画後のムービー、素材などもどんどん直下置き。
次に更新を押すと、あらかじめchars・stagesに入れておいたキャラやステージがこのソフトに認識されます。
無事更新が終わったらそこで起動、するとkfmしかいないので左上の手動登録でぽちぽち配置していきましょう。
そのときに、横のタブのステージで使用するステージにチェックを入れることをお忘れなく。そうしないといくらステージをぶち込んだ所で何の意味もありません。
そこまでやったらファイル(F)から上書き保存、右上の×ボタンで閉じたらパーになるので注意。



と、ここまできたらもうMUGENで遊ぶ準備はokです。
起動ボタンをぽちっと押せば遊べます。
起動して自分で操作するもよし(アーケードなど)、WatchでAIの戦闘を楽しむもよし。
書き忘れたんだけども、上記のアドオンを導入してもバトル画面のライフバーには特に何も起こりません。
なので別途自分で追加する必要があります。
僕が女子会の動画で使ってるのはM_Lifebarで、他にもCVS2ライフバーが有名だったりします。
前者の方はライフバーが画面上部にありキャラたちの邪魔をしない一方、後者の方はライフバーが少し下にあるのでキャラを見ながら体力を確認しやすいといった利点があります。
どちらであっても、今も手に入るので安心してくださいまし。

設定で悩んだことはこっちの記事でだらだら書いたのでそちらも。
『MUGENについてのいろいろ』



あとはコスいことの紹介を。
・Dropboxでバックアップ
https://db.tt/tfYs4gK
これはただの紹介で、このリンクから登録してもらうと私に空き容量250MB追加されるので嬉しいなーってだけです。
嫌でしたらDropboxでググってインストールすればおっけー
こいつはローカルにフォルダを作り、その中のファイルをクラウドにあげるソフトです。
ずっと昔から愛用しています。
共有も特に設定をしなければ自分以外に見られることはなく、他のPCとのファイル共有や、AIやパッチを当てる前の素のキャラを保存するバックアップとして使ってます。
フォルダにぶち込むだけでリアルタイム同期してくれるので漏れがなく楽々です。
他のSugarsyncやらに比べてアップロード速度速いですし、Googleドキュメントと比べたらわからないけどあっちはいちいちあげないといけないから。
慣れ親しんでいるので移ろうとは思いませんがクラウドを利用したバックアップには「SkyDrive」も選択肢に入りますね。
MUGEN界隈ではアップローダーに上げるよりも、削除や更新やらを自分管理でできるため好まれているそうです。


※記事書いた時の雑記
MUGENにわかです。多分導入してからまだ一ヶ月経ってません。
それまでも意欲的に動画を見ていたわけでなく、たまにランキングにサムネでうみねこ勢が写っていたりキャラのサムネホイホイでほいほい釣られて見るくらい。
それも出るところまでシークバーを動かしながらそこだけ見て満足する。

そんな私にこのゲームを触れさせるとあるきっかけがありまして「無料なんだしMUGENやっちゃえばいいじゃん」という流れになりました。
というわけでMMDはポイーです、またいつかまったり夏頃に暇になったら頑張ろう。
最初は"ぱぱぱっと"導入して、いろんなキャラを持ってきて、ヱリカと戦わせて動くところをみたかったの。
そしたら難儀なことに、どうやらMUGENにはいろいろなバージョンが混在してて、それがややこしさを生んでいる。
なんとか手をつくしてみても「コレジャナイ感」がすごくするのです、いちおうプレイはできても満足いかない出来。
僕と一緒でそういった方多いだろうなーと思い書きました。