MUGEN制作物のトップ記事はこちら→【MUGEN】製作物説明の記事

【アスカ見参】天輪国上級まで一発突破

アスカ見参

有言実行出来たので良かった。これでSFC版シレンに続いて二つ目の一発突破なので嬉しい。
泥棒→弟切草ドーピングによって得たクリアなのでいいのか?という気もしますが、泥棒もテクのウチなのでセーフ。

さすがにこれ以降はノーミス無理でしょうし、どうやってやられるのかが怖い。

終始、運とコメントに助けられた冒険でした。ガバムーブが多すぎた。
知らないアイテム、モンスター、ダンジョン、システムと知らないづくめで未知の経験ばかり味わえて楽しめました。
モンスターの特徴もわからないままで挑んでいたらノーミスなんて不可能。
そういった矢稼ぎや泥棒など感謝感激雨あられです、ありがとうございます。

続きを読む
コメント( 0 )

ジャンプ+アプリで単行本読み放題(今の時間は遊☆戯☆王といちご100%)

Screenshot_9
サイト:http://www.shonenjump.com/p/jpfes2016/
ジャンプ+フェスのタイムスケジュールに合わせ、4時間だけ読み放題。
今の時間(12:00-16:00)は遊☆戯☆王といちご100%.
他に普段ジャンプ+で連載されているエンペラーといっしょとカラダ探しの1-4巻までが公開されています。
これ、今週月曜からやっていることに気づかずいまごろ気づいたのが惜しいくらいの神イベント……
ジャンプ+のアプリがアップデートで分かりにくくなってることが悪いと思うんですけど。

Screenshot_11
次の時間はいまアニメ化しているジョジョ4部が配信。
アニメを楽しむために読んでなかったのをこの期にどうするか少し揺れ動く。5部の方を読もうかな。
Screenshot_10
最終土曜日はどの時間も読みたい漫画揃いで楽しみ。BLEACHも虚圏編から完現術編まで単行本揃ってないからこのタイミングで読みたい。

コメント( 0 )

「風来のシレン外伝女剣士アスカ見参」を買いました(※2万円)

アスカ見参
シレンシリーズ最高傑作
ローグライクは好きなジャンル。トルネコ、シレン、チョコボなどなど。
そのなかでもシレンシリーズはよくやってたので、シレン2と並んでシリーズ最高傑作と名高い「アスカ見参」は前々からやりたいなーと思っていました。
1つのゲームに2万は学生にとってかなり大きな出費。
それでも、後で安くなる保証はうえにリメイクも絶望的だろうし、いつやるのか。今でしょと。
先週、面倒な講義があったのでそれを終えた自分へのご褒美も兼ねて購入しました。

お値段二万円
アスカ見参パッケージ
Amazonのマーケットプレイスで2万円ちょうど。高いよお……
箱付き説明書付きはがき付きと欠品なしで、ROMにも目立った傷はなし。説明書に折れ目もなくこの価格なら安かったのではないでしょうか。
環境はwindows7.
10だとすっごく面倒なようなので、これまた運が良かったです。
ショートカットから起動できなかったときは青ざめたものの、直接起動すれば問題ないとのことで解決。
長く愛されているソフトなだけあって、トラブルシューティングがしっかり充実していたおかげで安心しました。

軽くプレイした感想
2002年のゲームなのに画質がとっても綺麗。
DS画質と比べてという前提だからかもしれませぬが、それでも驚いたことにはかわりなし。
それに合わせて主人公のアスカがとっても可愛い。ローグライクでキャラ魅力なんてと思いつつも、登場する女性キャラが可愛いと否が応でもテンション上がってしまうのは男の性。
コヨリ
まだ出会ったばかりなので魅力について語るにはややフライングなものの、この娘かわいい。早くイベントこなしてどんどん喋って欲しい。
動作に関してWii版がもっさりだったのでやや身構えつつも、とくに違和感もなく、それどころかサクサク操作できました。

天輪国上級クリアまで通したところの感想

一発でクリアできちゃったので難易度語るのがナンセンスな気もしますが、それでも難易度はやや高めかなと。
出現モンスターがいやらしい。
初回で泥棒成功したせいでヌルゲーになっちまったものの、これ普通にプレイしたらうざいなあ……って敵が多々。
上位階でスカイドラゴンやイッテツ戦車がさらっと出てくるのはとっても怖い。こんなもんテーブルマウンテンで出てきたら死亡不可避。
爆風がアイテム消去効果なかったり威力面でやや弱体化したとはいえ、精神的によろしいものではない。
あとは低階層でしおいやんやゲイズが出てくるのもえげつない。前者は最後までちからに悩まされるし、道具も揃ってない状態でゲイズ対処できん。
加えて、ところどころこの外伝特有の仕様もあるのでこれまでの知識とのすり合わせで少し悩みました。


試行錯誤で知識を蓄えていくまで攻略wikiを見るつもりはなく、四苦八苦しつつやろうかなーって。
オフラインパッチを当てたことで挑めるダンジョン数もたっくさんある。
まさしく「1000回遊べるRPG」なので、これからすっごく楽しみ!

コメント( 0 )

30fps録画では揺れない


これ。This one.
揺れが小刻みにドクッドクッと、ギャロップリズムのように変な挙動になってるじゃないですか。
あえて意図的にやってるものじゃなくて、60fpsの動画をTwitterに上げるためにfps下げたことでこうなっちゃうのよ。

fpsってのはFrames Per Secondで、1秒あたり何枚表示させるかってことなのね。
ペラペラ漫画が分かりやすくて、同じアニメーションでもギッシリ詰め込んだ(数値が大きい)方がぬるぬるの滑らかになるじゃん。
6Fと言われたときに、60fpsだと0.1秒。30fpsだと0.2秒。ありえないけど1fpsなら6秒。
MUGENは通常だと60fps描写になってます。これは格ゲーの必須数値と言われてるそうです。
なので、MUGENを録画するときは60fpsの方がいいのね。

いままでも何回かちょくちょくこのfpsの壁にぶち当たってたきたのんな。
例えばenvshake.
パラメータのfreqが90だと30fpsと60fpsでまるっきり異なる挙動になります。
30fpsだと揺れがびっくりするほど残念に。割りきれちゃうからね。
あとは点滅演出用のenvcolorも1Fごとに切り替えちゃうと、30fpsのときには丁度消えて点滅が台無しに。
上動画に関してはfreqではなく、triggerの条件をanimelemtime(1)%3=0にしていたので、ちょくちょく揺れなかったのね。
だから解決策としては単純で、animelemtime(1)%4=0にすればいい。

動画製作者でもないと録画なんてしないし、アマレココも確かデフォルトは60fpsなので動画製作者の方でも設定変えてなければ特に気づかない。
60fpsならありがたいんだけど、それは人の環境によりけりなので30fpsもいちおう想定しておいた方がいいと思います。
録画ファイル越しに自分のキャラたちの挙動を見たら、案外想定してたのと違うってことになってるかもよ?

じゃあなんで30fpsにしてたかって?
そりゃうちのノーパソが空き容量ギリギリだからだよぉぉぉぉ!!

コメント( 0 )

巷噂鎖国兎始


レウサンチョットー! (違う)
(究極的に素材不足で)これもう(どうしたらいいか)わかんねえな
そら(本来格ゲーなんて想定してないわけだし)そう(いい素材があるわけない)よ
ただ、自己矛盾兄貴が配布なさっている共通素体のおかげでどのBB動画も互換性がかなりある。すごい。
BBを素体に組み立てるのあんがい面白いので、これを期にBBBase野獣先輩を誰か作って。
ネタがわからないひとにつ


続きを読む コメント( 2 )

春閣下12P前後 狂下位ランセレ!台パンの向こう側へ! Part41 、


サムネ……あっ(察し)
コメントでシアン・パイルが映画版にてモブ並の扱いらしくて草生えた、仮にも友人ポジなのに……
あと映画版あったんだ、さっっぱり知らなかった。

雷鳴シェルミー VS メイ
雷属性は水属性に強い! いけるでシェルミーはん!

どんがら意思には勝てなかったよ……
天に見放された哀れな人類(仮)
この自爆技はぴったり丁半の半分なのに、僕の体感でも自爆率は5割より7割強。自MUGENでのランク決めのときにあまりにも自爆しすぎて(これ確率固定してたっけ……)と不安になるくらいには自爆する。
それもこれもMUGENの乱数がやや0に偏っているからと思っています、がそれを言うのは野暮というものでしょう。
つまんねー事聞くなよ!(魔梨威)
多分乱数の神様がロリコンなんだと思います。

超紳士 VS ハピバレ
馬鹿野郎お前外資系に勝つぞお前

運送企業のM&Aには勝てなかったよ……
狂紳士に比べるとブロッキングがまだまだやさしいおかげで勝てたといっても過言ではない。
2R目ラストの当身投げのタイミングは神がかってた、あそこからキャンセル超必いけるようにしてよかった。
僕的には攻防にやや不満が残る試合で、ウケ悪そうと思ってたものの圧倒的社長人気で良い試合だったようなのでなにより。

ブロリーとHIGE戦が面白かった。まともに戦って面白いってずるいわwwww

コメント( 0 )

凶の宴 ザ・ファイナルステージ 凶上位ランセレバトル!part31


エンゲージ!!

ややしょっぱめな試合になっちまったなと。反省しておりまする。
超必全画面パンチはただでさえ(ガタイのでかさで)攻撃判定の広いDのなかでも極上の全画面、これだけ出してりゃ負けることはないので。
だからこそ通常コンボよりも威力が低くして頼り過ぎないようにしてるものの、乱数の偏りでこのように。
岩蹴ニキの感想記事で対空高性能とあったけどその通りで、浮いてもブラストアッパーorソウルフラワーでぶち落として地上に持ち込もうとします。
これがなかなかに気持ちいい。
当身に弱いって弱点も狂では無効なので凶ならではの弱点として、うまくハマってて良かった。
当身に強いキャラって言うなれば格ゲーやってないキャラとも言えるので、そういう点で僕の改変系は苦手なキャラ多めなのかも。
Screenshot_8
ここの両者同時暗転大好き
こういうすれ違いがたまらなく好きなんじゃ

ロウチェンファ?(よみがな知らず)ちゃんと朔夜のバトルはサムネに選ばれるだけあって見応えありました。
もすこし見たかったので少し残念、これからもっともっと出場機会はあるでしょうしそこで期待。
あとはやしろんがストレート負けなのがとっても珍しい。他大会だと2R目にいっぱいゲージ溜まって逆転してーがよくある王道なのに大してこのカラーだとそういうこともなかったようす。

あと、今まで気にしてなかったけど。
コメントで気付かされたことで
キャプチャ

倒れ方がエロい。尻!尻!尻!!

コメント( 0 )

Mugen用グラフィック強化用Mod入門


(外なのでいつもとプレーヤーが違います)

「無限中学」などで有名な伊吹川さんの解説動画。
昨日の夜更けにずっと背景グラデーションのジャギについて悩み続けていた自分にはとってもタイムリーなネタ。
biim形式の動画で説明がすごくわかりやすい。
ただ、画面左右でエフェクトONOFFできるプラグインがあるなら解説の最後にそれやって明確な違いを見たかったなーとも。
この動画とは別に、背景グラデーションを綺麗にできそうな手段があったら教えてくらさい。sffの時点では滑らかに見えるのにmugenで表示すると色差が汚くなっちゃう。

これ、winでは無理なのかな〜
他の色調関連はAviutlで再現可能なので、ドットレンダリングに関係しそうなそこだけが気になります。
加えて衝撃的だったのが設定をリアルタイム読み込みしてること。設定変えたら再起動しなきゃいけないと思ってる僕はおっさんなのかな。

ただ、僕のノーパソ環境はOpenGL不可能そうだし例えwinでできるようになっても意味がない(´・ω・`)

コメント( 0 )

三倍速人妻紅拳士計画 其之肆

肆ってこれだけで4とは読めないよね、検索かけちった。

で、システム面な話。
BBBのエンハンスを搭載したい。
書き忘れてたかもだけど、いちおう山本F無頼リスペクトキャラなんですよ。
記述自体はDRMさんの煉クンを参考にパクりました。
イメージ7057
ゲージ溜め。
昔から使いたかったエフェクトを上に被せる。
コンボとコンボの合間、相手が吹っ飛んだあとにガンガン使わせたいものの思うようにAIが使ってくれない。それもこれも回避が幅を利かせすぎている。
エンハンス.
5個まで可能。場所は画面の邪魔しないように下に。
煉クンと対比させるか悩んだ。ゲージ位置との兼ね合いで最終的に2パターンで選択させるようにします。

今のところ、こういった具合に決めてます。
凶カラー(1-6P)
1個で回避中無敵
2個で必殺→必殺キャンセル可能
3個で必殺→超必キャンセル可能
4個で超必威力減衰なし(コンボ補正リセット)
5個で超必→超必キャンセル可能
狂カラー(7P以降)
1個-ガー不
2個-当身不能
3個-空中抜け+空中無敵
4個-全攻撃当身付
5個-完全無敵
凶と狂で強化内容違うってのは昨日の自分を抱きしめてやりたいくらいの名案。
エクストラエンハンス。
これ、カラー差苦手な僕が決めてるのでもっと良さげな強化内容あったらオナシャス。
攻撃中無敵はカラー差でつけようと思ってます。女性なのでアーマーではなく無敵です。
今回はカラー差つけにくそうだ。むつかしい。

次回、AI作成。
コメント( 0 )

引退後製作物使用禁止規約の亡霊

GhostTouch
ソース:「ツイッターで書くと荒れそうだし文字数たりなさそうなんで」
業界タブーなネタをがっつり書いてる人がいたので後追い砲火
フレンドリーファイア(FF)ではなくクロスファイア(CF)

立ち位置は同じく規約残留批判派。
そもそも、製作物って呼ぶことにも違和感あるんだよね。
僕が改変してきたものを「自キャラ」とは言わずに「自改変キャラ」って呼んでるのは、あくまで自分のオリキャラってわけでなく人様のキャラを改変させていただいているという意識があるから。
そんなわけで自分が改変した女性キャラを「自分の娘」って呼ぶのもあんまり好きじゃない。
人様の娘を勝手に祭り上げてファンクラブ立ち上げるみたいな、それなのに「これうちの娘なんすよ〜」って呼んでるみたいで。その娘の親がキレたら終わりなのに。
誰とは言いませんが。
これは少し話がズレるのでここまで。

んで、タイトルの件に関して。
この界隈は「歪な優しい世界」と、常々思ってます。
亡霊と書いたのはそのことで、なぜ去った後の遺言を守らねばならんのかと。どうして離れていった人たちの心情を察しなきゃいけないのか。
テレビで芸能人が一般人になったときに映像使用を自粛するような感覚?
思いやりの自粛なんですよね。守らないと法に引っかかるわけではないけど、去っていった相手を慮っての配慮。
ここまでは人倫道徳でいいとして、問題はこの界隈特有の事情。
キャラ自体がずぶずぶのイリーガル。アングラ界隈で何をしても許されるって建前。無法が跋扈するドリームマッチツール、殆どのキャラが公式の素材を無断で使用してるのにそれを作り上げた製作者へ敬意を払う。
転載禁止や改変禁止も言ったもんがちでズルいなーと思います、もれなく僕も記載しているので自傷も含みます。
転載禁止については規約無視の海外勢のおかげで(/せいで)あってないようなものと化していますが。
一方は無視しつつ一方を通そうとする、こんなワガママがまかり通ってきたのは製作者の地位が"無駄に"高かったからじゃない?
と。

続きを読む コメント( 8 )
最新コメント
製作キャラ一覧
このブログは
リンクフリーなのです
(・ワ・)

美脚春麗 ver2.01

MGカビゴン ver1.01

弱体化竜子 ver1.01

GD! ver1.11

スイートアンヘル verβ

ダンガン ver1.00

H.バレンタイン ver1.00

神鳴シェルミー ver1.00

WIP
星砕幻鬼
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ユニークユーザー数なので、複数回訪問しても数字は増えません

カテゴリ別アーカイブ
ブログ内検索