NoEgoism

コミュ障引きこもり気質(人間のクズ)な大学生がいろんな趣味(ゲーム、マンガ、アニメ、音楽、グルメ)を一人でわいわい楽しんでるブログ

今年も早いもので梅の花が咲き始めて綺麗。もう1年の四半期が終わります。
学業の方が年度末にしっかりと結果を残さなければならない期限付きの研究なため、2,3月は追い詰められる月日だったなあ……
にしては結構サボってエンジョイしてたわ。緊張感がまるでない。
大学二年生くらいを永遠にループしたい人生だった。

しょうもない入りをしたものの言いたいことは四月馬鹿用のキャラをいじってます。
よくよく考えてみると、初の改変元なしキャラです。いわゆるMUGEN入りっちゅーやつ。
Zomarieがそれになるはずだったんですが、ちょっと間に合わなさそうなのとはっきり言ってビビッと来たのがこっちだったので移り気に浮気しました。
いったい誰なのか。す、すごく……言いたい…………

おーさまのみみはろばのみみー!

死体蹴りで底意地悪いなーと自覚しながら書きました。

簡単に状況を解説すると
「大会動画の第一試合。秋葉R VS 小龍.
イントロにて秋葉嬢の対巨乳ペナルティ(name指定)が発動し性能が超強化。
相手方の小龍は何もできずに2Rストレート負け」
フラペナについての考えは→「フライングペナして委員会
キャラ製作者と投稿者のパラーバランスについては→「引退後製作物使用禁止規約の亡霊

ここから「ペナルティの発動条件がname指定」「name指定でやる内容が酷い」という二つの点について詳しく掘り下げていくことに。

誰が悪いのかについてはこの記事では触れません。
今回きっかけになった「対巨乳ペナ」も発想自体は嫌いじゃない、コメントでも異論唱えてるのそこまで目立たない。
過ちがあったとすれば絡みに行く相手をミスったところ、そもそも許可取らなかったことくらい。
やってることは専用撃破だし、狂でやってはいけなかった。

ペナルティの発動条件がname指定
続きを読む


収録アルバム:SUNDOGS

前に紹介した「Precious」や「Alwaysshining」のようにUNCHAINは英語詞の曲を描いて演奏するロックバンドでした。このアルバムから日本語詞に切り替わっています。
メロディーもロックからジャズやソウルエッセンス強め、そこに日本語特有の情感いっぱいな表現が噛み合ってより一層味わい深い曲が目白押してんこもり。
同アルバムでは「少女ジレンマ」、他アルバムだと「暁のコドウ」も大好きなので聴いてほしいです。前者はセクシーな裏声、後者は力強い歌声が心を掴んで離してくれません。

オーロラコーラス
ドコヘユキナニヲスル?
サビの掛け合いコーラスが絶頂モノ! 
聞いてて気持ちいい染み入るリズム。
あまりのインパクトに脳内がこの曲一色になったくらいにハマった。

アルバムの1曲目でありかつそんな感銘を受けたサビから曲が始まるところからも、この曲のメインパートかつ伝えたい箇所はここだ!と主張も激しい。

答えのない夢を追う

みんな例外になりたくてなれなくて他人にすがる
群れに属したところで所詮は「放浪エキストラ」といった代替可能な存在。
アイデンティティに悩み自問自答。
フラフラと安定もなく千鳥足。あまりにも大きな社会と比較した自己の矮小さ、ちっぽけな自分。
繰り返し繰り返し呟いていくことで自己暗示をかけるよう言い聞かせるようにしてるのかなと。
何のために生きてるかまで迷いに迷った果てにたどり着いたのは夢を見続けたっていいじゃないかと肯定する強さ。答えのない結論を探し続ける哲学。

続きを読む


I am made of L O V E
「誰も死ぬ必要のないRPG」として注目を集め流行ったUndertaleのBGMのアレンジソング。

原作についてほとんど知らないものの、猟奇的で不穏な歌詞と曲調に惹かれました。
歌詞のLOVEをそのままにヤンデレな愛と表面的なもので受け止めていましたが、歌詞についてググったところ原作のシステムを指すものだそうで。
※L O V Eの意味:Undertaleでは、Level Of ViolencEの略で残虐度合のこと。
おそらくゲームをやったら、また別の視点から歌詞を噛み砕いて楽しめるんだろうなって。
(リンク:https://lyrics.red-goose.com/stronger-than-you-sans-undertale/)


すまない……長き間に渡り出場記事をサボる男で、本当にすまない……
さらに恥を晒すとこれを誰かも分からぬFGOネタだということしか知らずに使ってすまない……
せめて凶の宴Finalだけは書かなければならぬと思っていても機を逃し過ぎた気がしてかたじけない。

GD!さんの攻撃中アーマーに関して、僕の考えとして「アーマーは漢の美学」
相手の攻撃を受け傷を負いながらも猛烈果敢に喰らいつく「肉を切らせて骨を断つ」
そんな生き様を見せてきたいなって、マスキュラーな漢の改変(例えばカビゴン)は攻撃中アーマー。なよっとしていたり、女キャラ改変だと攻撃中無敵にしようと固まっています。
春閣下杯ではそんな漢の美学をありありと見せつけていく結果になったのかなと。

ジャイアント・D! VS バルバトス

予選荒らし三傑の雄。バルバトス・ゲーティア。
相手にとって不足なし。

1R目の3ゲージ超必乱舞→1ゲージ超必ぶっぱの繋ぎは完全な想定外。本来3ゲージ技は1000ダメで一撃でした、すごくかたーい!
ヘルヒートの前にしっかりシャドーで射撃無効にしてるはずなんだけど、なぜか食らってるのがよーわからん。あれまさか打撃属性?
3R目は惜しかった……
狂カラーならもう少し上に吹っ飛ぶのでさらに超必を繋げていたかもしれない。

全体的にガードせず攻めていれば勝てたのにといった印象。とはいえ攻撃中アーマーでガードせずに攻撃してたら実質ただのアーマーキャラになってしまうしな。
これまでの負けた試合もガードで固まったところにガー不を叩きつけられるのが敗因でAIを考えさせられます。
勝つためならガードを廃して全部緊急回避に変更させますが、形だけでも格ゲーはしていて欲しいし今の彼の動き好きなのでしょうがないかな。それもまた弱さ。

せっかくの5ゲージも吐かなければ意味はない。
とにかく打てば勝つ場面でも詰めが甘く逃してしまう、そこが社などのモジャック氏キャラとの違いかもしれません。
2桁勝利ボスは偉大であった。ペネなんてなくても強かった。
おつかれさんかく。さすがにひきこもり過ぎちゃったね。


元のKOFでも扱いが「ヘルバウッ…なっ!」と同じアメリカチームであることからか。
はっきり言って空気ネタなくらい存在感うすいおじさま。kof14では新たにボクサー増えたし、帰ってくるとも思えない。
『こんなおっさん出番あるのかな!!!???』と2年前の自分は考えていたので、ここまで人気を博して嬉しい限りです。

これで自改変キャラは全員脱落かな?
公開したばかりだったシェルミーさんとハピバレさんのお披露目(ただし前者は神雷の裏切り、後者はアリス)、GD!さんの大活躍でした。

気を取り直して他キャラを応援していこうと観ていたら連続で脱落してしまったので「僕が祈らないほうがいいのかもしれん……」と罪悪感にさいなまれてしまった。 
妖☆星めう

続きを読む


(※残念ながら公式がYoutubeで配信しておらず、アルバム収録曲であるためカバー動画)
この部屋に立ちこめた救えない憂鬱を
おいしそうによく噛んであなたはのみ込んだ

前のリビングデッド・ユースと同じアルバム「YANKEE」の収録曲。
最初に聞いたときよりも何回も何回も聞いたいまこそその魅力に気づいた名曲。
それこそ噛みしめるように聞いてとりこになっていました。

「憂鬱なキッチン」というタイトルから失恋ソングに思えるも、その実は遠回しな恋愛ソング。

やや暗い曲調。少し不穏な匂いがするイントロから不思議なリズムとともに入っていく。
ドラムでもベースでもない謎の楽器がコンコンとリズムを刻みながら、ギターが主になって協調しあってく。
そんなギターの主張も抑えめ、メインは緩急の効いた歌い方で曲を作り上げていく。

続きを読む

サムネ
カントクがキャラクター原案なことからとっても可愛い、その絵をきっちり妥協なく再現して仕上げてある作画。
5分アニメとは思えないくらい丁寧で綺麗。
低予算低クオリティが不文律だけどそこはあにトレの制作会社なので、そんなことはなくしっかり可愛い。

ジャンル

主人公の姿は一切描写せず、彼女だけを映した視点のみから描かれた恋愛オムニバスストーリー

恋愛……って書いちゃうと二人目が妹なのでいいのか!?となってしまいますが。
普通に恋愛ものです。それも甘っあまな。
これでもかと甘い展開ばかりを盛り込んであって「こんなのありえねーwwww」とツッコミどころは満載ですが。
アニメなんだしそれもいいよね。

とにかく理想な幼妹編

二人のなかだと僕は妹編がとても良かった……!
遠く離れた兄のことを心配するもそれを言葉にして出すのはやや恥ずかしく、何らかの「大義名分」を持たないと会いに行けない行動に移せないもどかしさ。
昔と違った自分を見て欲しいけれど、まじまじと見られたくはない。
兄との距離感がなかなか掴めず、甘えたいけどややぶっきらぼうにしか振る舞えない。
褒められて年相応に顔に出て、ついつい嬉しくなっちゃうところ。そんな素直な感情を見られて恥ずかしいからって隠すところも可愛い。
それでもお兄ちゃんのことが大好きでとにかく面倒を見たくなっちゃう。

妹フェチだったかつての自分のリビドーが揺り動かされました。

続きを読む

↑このページのトップヘ